2012年12月18日12時00分

控えめなのにメモリー解放がスゴイiPhoneアプリに惚れた!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

控えめなのにメモリー解放がスゴイiPhoneアプリに惚れた!

『SySight』
バージョン:1.0.4
価格:85円
(バージョンと価格は記事作成時のものです)

 「iPhone5はメモリー容量に余裕がある。メモリー解放なんて不要」と高をくくっていた筆者がバカでしたゴメンナサイ! 競合アプリは数あれど。一度にたくさん、しかもすばやくメモリーを解放できる。アプリサイズも小さい『SySight』がピカイチ!

知りたい情報のみのシンプルな画面
控えめなのにメモリー解放がスゴイiPhoneアプリに惚れた!

 SySightは、バッテリー残率/メモリー使用状況/CPU稼働率を確認できるだけのアプリに見える。でもじつは、URLスキーム対応ランチャーと連携することですばやくメモリーを解放できる点が超便利!

こんな画面が出て、イライラすることも
控えめなのにメモリー解放がスゴイiPhoneアプリに惚れた!

 SySightを利用するとメモリー不足を解消できる。筆者がiPhone5で愛用中の某家計簿アプリ。こんなトホホなエラーとはオサラバだ!

メモリー解放した後の設定も可能
控えめなのにメモリー解放がスゴイiPhoneアプリに惚れた!

 大事なのはランチャーでの設定。だけどやりかたは簡単。筆者が試した4本(Launch Center Pro/Launch+/MyShortcuts+Viewer/Launcher)中、SySightとの相性が一番よかった『Launch Center Pro』の場合は、右上の鉛筆マーク→任意の“+”→“Action”→“Custom URL”の“URL”に以下のように入力すればオーケー。

 例えばふつうにメモリーを解放するだけなら“sysight://free”。
 より強力に解放するなら“sysight://allkill”といった具合。メモリー解放直後に家計簿アプリに入力したい筆者は“sysight://free?redirect=家計簿アプリのURLスキーム”と入力済み。メモリー解放が終了すると自動的に家計簿が開くので、一度使うと手放せない!

タイマーも自分の好きな時間に
控えめなのにメモリー解放がスゴイiPhoneアプリに惚れた!
スリープモード中でも忘れない
控えめなのにメモリー解放がスゴイiPhoneアプリに惚れた!

 SySightの魅力を最大限に引き出すのが、ランチャーのタイマーでSySightを定期的に呼び出す方法。キビキビ動作が大好物な筆者は、Launch Center Proで1時間ごとにSySightを呼び出すよう設定。定期的に表示される通知をスワイプするだけでメモリーを解放できる!

 ちなみに、競合アプリ中でどれが一番メモリー解放量が多いのか? メジャーなメモリー解放アプリをiPhone5で実行し、空き容量とメモリー解放までの時間を確認してみたら以下のような結果になった。

 メモリー解放後の空き容量と解放までの時間
●SySight 約750MB 約3秒
●iMemoryGraph 約730MB 約3秒
●MemoryInfo 約730MB 約6秒
●System Status 約720MB 約1秒

 ね? 総合的に優れているのはSySightでしょ。より強力な“allkill”を使うと空き容量はさらにドン!約760MBに増加。これはあくまでひとつの目安にすぎないけど、スゴイことだけは確かだ!

アプリ容量が軽いこともうれしい
控えめなのにメモリー解放がスゴイiPhoneアプリに惚れた!

 あえて希望を言わせてもらうと、iPadの画面サイズと横向き表示への対応かな。最初のランチャー設定は一度やれば、あとは放置でオーケー。ラクしてモッサリを解消したい人は試す価値あり!

_____________________________

『SySight』
バージョン:1.0.4
価格:85円
(バージョンと価格は記事作成時のものです)
(c)2012 Nobuo Saito. All rights reserved.

AppStore アプリをダウンロード

その他のアプリの記事はコチラ
・iPhone&iPadアプリレビュー

 

ヤシマノブユキさんのサイト
WorP@holic わ~ぱほりっく

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking