2012年12月18日11時00分

厚さ12.8ミリで世界最薄の15.6インチ『LaVie X』をNECが発表!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

『LaVie X LX850/JS』
●NEC
●予想実売価格 17万5000円前後

NEC_LaVie_X

 NECが発表したのは15.6インチで厚さ12.8ミリという世界最薄のウルトラブック。フルHD対応の15.6インチIPS液晶を備えたA4サイズ。最軽量の『LaVie Z』、『LaVie Y』ときて、この『LaVie X』はNECのイノベーションPCの第3弾となる製品だ。

 

NEC_LaVie_X

 厚みがあるバッテリーやファン、マザーボードを平面に実装。さらにマザーボードのコンポーネントを片面に配置するなどして、12.8ミリという薄型化を実現した。薄型ばかりに目がいってしまうが、スペックはコアi7-3517U(1.9GHz)に、256GB SSD、4GBメモリーを装備。重さも15.6インチPCとしては軽量な1590グラムと、モバイルするにも十分だ。

NEC_LaVie_X

 薄型化で気になるのが、まずは強度。15.6インチと大きい液晶を搭載しながらも、液晶天面部には厚さ1ミリのアルミ合金プレートを使用し、強度をアップ。さらに、ヒンジ部も、強度を持たせるためにマグネシウムダイキャストを採用。そして、筐体全体をすべてアルミにすることで、さらなる強度を実現している。

NEC_LaVie_X

 次に気になるのが“熱”。『LaVie X』では厚さ5ミリのファンを2基搭載し、左右から放熱することで、ファン1個のときより効率的な放熱を実現。また、熱伝導率が高いアルミ合金の筐体で、熱を拡散している。

 使い心地で重要となるキーボードは、『LaVie X』で採用した“筐体一体型キーボード構造”を使用。強度を確保しつつ、たわみが少ない構造。キーピッチは18ミリと、一般的なキーピッチ19ミリよりスペック的には狭いが、打鍵感はよい。 さらに10キーを備えるため、趣味にビジネスにと活躍しそうだ。

 モバイル性と基本性能、そして使い心地と3拍子そろった『LaVie X』。13~15.6インチサイズで悩んでいた人には決定版ともいえる1台に仕上がっている。

●おもなスペック
CPU:Core i7-3517U(1.9GHz)
メモリー:4GB
OS:Windows8(64bit)
ディスプレー:15.6インチ(1920×1080ドット/タッチ非対応)
グラフィック:インテルHDグラフィック4000
ストレージ:256GB  SSD
光学ドライブ:なし
バッテリー駆動時間:約7時間
インターフェース:USB3.0×2、SDXCメモリーカードスロット、HDMI出力、IEEE802.11a/b/g/n
サイズ/重量:375(W)×255(D)×12.8(H)mm/約1.59kg

■関連サイト
NEC

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking