2012年10月24日14時00分

Windows8発売直前! で、結局どれを買えばいいの?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 発売が10月26日に迫った新しいウィンドウズOS、『Windows8』。
 購入しようと思っていても、バージョンが複数あるし、パッケージもなんだかいろいろあるしで、ぼんやりしている人も多いのでは? おさらいもかねてちょっとアタマを整理してみよう。

●Windows8のエディションは基本的に2種類

 Windows8のエディションは、基本的に『Windows 8』と『Windows 8 Pro』の2種類しかない。パッケージ版として販売されるのは8 Proのみ。Proが付かない無印の8は、プリインストールPCなどで提供される。あとは、無印の8から8 Proにアップグレードできる『Windows 8 Pro Pack』というパッケージが存在する。

『Windows 8』

Windows8購入ガイド

 メーカー製PCなどにプリインストールして提供される。主に廉価モデルに採用されると思われる。
 

『Windows 8 Pro』
 

Windows 8 Pro 予約開始

 Windows7のときのHome Premium、Professional、Ultimateにあたるエディション。以前は機能により細かくエディションが分けられていたが、8ではシンプルに上位版がひとつ、というかたち。パッケージのデザインが5種類から選択できる。

『Windows 8 Pro Pack』

Win8ProPack

 プリインストール版などのWindows8(無印)を、『Windows 8 Pro』にアップグレードできる。
 ※Windows8→Windows8のアップグレードのみ対応。旧バージョンの7やVista、XPなどは対象にならない。

 上記の無印、Pro以外に、ARM系CPUを搭載したPC向けの『Windows RT』(10月末時点では、NECとASUSから発表されている)や、企業向けにボリュームライセンスで提供される『エンタープライズ版』があるが、一般ユーザーが手にする機会は少ないだろう。

 

●購入はパッケージ版 と DL版、DSP版の3種類から選ぶ

 パッケージ版とダウンロード版はアップグレード版のみの提供だ。Windows XP以降からアップグレードは可能だが、愛用しているアプリケーションや設定、ファイルなど、すべてを移行できるのは、基本的にWindows7に限られる(7でも8非対応のアプリはアップグレード作業時にアンインストールを求められることがある)。

パッケージ版(価格 6090円、Pro版のみ、32/64bit両対応)
※家電量販店やオンラインショップで販売される。

ダウンロード版(価格 3300円、Pro版のみ、32/64bit両対応)
※Windows.comで販売(約2GB)。USB または DVD にインストールメディアを作成可能。
※いずれもアップグレード版。発売記念優待価格(期間限定)。

Windows8購入ガイド

 アップグレード対象の旧Windowsのライセンスをもたず、たとえば新規に自作PCをつくりたいといった場合は、DSP版が必要だ。DSP版は、7以前は自作パーツとセットで販売されていたが、8からはOS単体で購入が可能となり、FDDやLANボードなどをムダにゲットする必要がなくなった。自作ユーザーはもちろん、Macでのブートキャンプや、デュアルブートのため別パーティションへインストールしたい、仮想マシンにインストールしたいといった人は、必ずDSP版を選択しよう。

DSP版Windows 8(価格 1万2000円前後)
DSP版Windows 8 Pro(価格 1万7000円前後)

※簡易パッケージ版。家電量販店やオンラインショップで販売。

Windows8購入ガイド

 DSP版は、32bitと64bit版が別製品となるため、購入時にどちらかを選ばなければならない。また、単体OS購入の場合、マイクロソフトの保障は受けられない。その代わりTWOTOP秋葉原本店など、ショップが独自サポートをつけて販売するケースも。こちらはショップによって条件が異なり、必ずしもショップ保障が付くわけではないため、事前にHPなどで確認しておくこと。

 

●1200円の特別優待版の存在

 最近7搭載PCを買ったばかり、あるいはDSP版Windows7を購入したばかりのユーザーを対象に、超激安価格でアップグレードできる、『Windows 8 優待購入プログラム』がある。こちらは2013年2月28日までに専用サイトで手続きを行なった人を対象としており、ダウンロード版として提供される。

『Windows 8 優待購入プログラム』(価格 1200円)
※対象となるWindows7はHome Premium、Professional、Ultimateのみ。

Windows8優待購入プログラム



●7+8 Proどっちも欲しい人は同時購入が安いよ

 前述したが、アップグレード版を購入した場合、XPやVistaからも8に移行できるが、アプリや設定、ファイルなどが基本的に移行できるのはWindows7からのみ。
 また、XPやVistaユーザーがいきなりWindows8の特殊なUIに飛び込むのは少々不安があるというもの。7か8、簡単には決められないというユーザーさんにオススメなのが、7+8 Proの同時購入だ。※ただし7と8の同時使用はできないので最終的にはどちらか選んで使うことになる。

 たとえばAmazon.co.jpでは『Microsoft Windows7 Home Premium 64bit Service Pack 1 日本語 DSP版 DVD 【LANボードセット品】機能説明小冊子付』を9750円で販売中(10月23日現在)。これに、Windows8 Proへとアップグレードできる『Windows 8 優待購入プログラム』(1200円)をつければ合計1万950円。それぞれ単品で購入するより安い計算だ。

 以上、環境によってさまざまな購入方法があるため、自分にあったバージョンを確実にムダなく手に入れてほしい。しかし、7のときのアップグレード版が1万6000円程度したことを考えると、Windows8はびっくりするほど安い! ですねぇ。。。 あ、もちろん、窓辺ゆう&あいのスペシャルパック(1万9980円)を買うっていう手もありますね。

■関連サイト
Windows.com
Windows 8 優待プログラム

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking