2012年08月23日12時30分

ニコン、Android搭載デジカメ『COOLPIX S800c』に触ってきた!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ニコンが発表した2012秋モデル。その中でも異彩を放っていたのがAndroid2.3を搭載したコンパクトデジカメだ。

『COOLPIX S800c』
●予想実売価格 4万8000円前後
●9月下旬発売予定

S800_nikon
↑カラーはホワイトとブラックの2色。

 正面からは見た目はふつうのデジカメ。もちろん、カメラメーカーの製品だけに暗所に強い裏面照射型CMOSセンサー、光学10倍ズーム、有効画素1602万画素、とスペックに抜かりはない。

 

 そして裏返すとー。

S800_nikon
↑重さは184グラム、3.5インチの有機ELは反射防止コート付きで、5段階の輝度調整が可能。

 スマホに早変わり―!! と思えるほどのおなじみのインターフェース。3.5インチのタッチパネルタイプの有機ELで、解像度は約82万ドットと精細感は高い。背面のボタンは3つとシンプルで、中央はおなじみの家アイコンのHOMEボタンとなっている。

 

 ちなみにスリープ解除時はこんな画面。

S800_nikon
↑最初のロック画面は横位置で固定。

 スリープ時は微量だが電池を消費しているとのこと。スリープ時でどれぐらいもちますかの質問には、詳しくはわからないが「2~3日はー」とのことだったので、そこそこ電池はもちそう。

完全電源オフも可能でそうなると、電池の消費は自然放電以外にナシ。起動にはちょっとかかるが、待つ必要はなく、電源ボタンを押すとその間だけ、インターフェースが異なるデジカメ用の画面が出てきて、即撮影が可能となる。

 

カメラ機能は、アプリとして起動させる。

S800_nikon
↑構えた右上のシャッターボタンのほか、タッチでのシャッターも可能。
S800_nikon
↑液晶左のアイコンにタッチ。
S800_nikon
↑Gmailなどを使えば、写真の共有が楽チン。

 デジカメとAndroidが分離しているのではなく、写真をシームレスでGmailなどに添付して送ることができる。撮影からGmailの起動までの動きはサクサク。

S800_nikon
↑ブラウザーで週アスPLUSを見てみた。ピンチイン/アウトの操作もスイスイ。
S800_nikon
↑アプリを呼び出してみたところ。縦で持つと見た目もスマホっぽい。

 『Google Play』にも対応し、カメラを含めたアプリの追加も可能。「『Skype』のアプリとか入れたら電話できちゃったりして」と言ってみたところ、利用は可能とのこと。ただ、マイクがレンズ上に、スピーカーが底面にある。って話しにくそう~、と話していたら、「Bluetooth対応なので、対応ヘッドセットがあれば、楽に通話できそうですよ」とアドバイスいただきました!! ニコンさん、やりますね~♪

 

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

55人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

41人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

12,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp