2012年08月16日23時31分

Windows8製品版ついに提供開始&無料の限定版はだれでも体験可能!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 マイクロソフトは米国時間の8月15日、開発者・技術者向けにウィンドウズ8製品版の提供を開始した。一般の誰でもダウンロードできる90日限定の評価版(日本語使用可能)も提供されているので、興味のある人はダウンロードして試してみよう(DL先は関連サイト参照)。

 早速、ひとつ前のRelease Preview版(以下RP版)とどの程度違いがあるのか確認してみたが、それほど大きな違いは見つからないようだ。

 見た目の細かい違いとしては、デスクトップテーマからAeroテーマがなくなり、ウィンドウの周囲は透明ではなく、角も丸くなくなっている。これはメトロスタイルアプリケーションとデザイン上の整合性を取るためで、単色のウィンドウ枠(タイトルバーとボーダー)が使われるためだ。さらに、スタート画面やデスクトップ用の背景画像が追加されている。

Windows8評価版

↑Windwos7でいうところの“ベーシックテーマ”のみに。見てわかるように透明化がなくなり、ウィンドウの角は直角。また、ウィンドウ枠が半透明でなくなったことで、ウィンドウの周囲にあった影の表示もなくなった。

Windows8評価版

↑個人設定の“Windowsの標準のテーマ”は3種類用意されている。

Windows8評価版

↑デスクトップの壁紙は完全に一新された。マルチディスプレイ用の横長の画像も2枚含まれている。

 機能面では、ついにデスクトップガジェットがなくなった。RP版までは、コントロールパネルやデスクトップでの右クリックからガジェットの追加画面を開くことができたが、評価版ではどちらも出来なくなっている。

 それぞれがJavascriptなどで動作するガジェット機能に関しては、消費電力の問題が指摘されていた。昨年ぐらいからMicrosoftのギャラリーが閉鎖されるなど廃止の方向に向かっていたため、これで廃止が決定的になったといえるだろう。

Windows8評価版

↑Windows 8のデスクトップ画面。従来あったデスクトップガジェットは、メニューやコントロールパネルから項目がそっくり消えてしまった。

 メトロ側では、壁紙やスタート画面の背景に新しい画像が用意されている。金魚やチューリップの絵など、これまでのプレビューで使われていた画像がなくなっているが、RP版で、Microsoftアカウントを利用していた場合は、アカウントの同期機能を使って設定されるので注意しよう。

Windows8評価版

↑スタート画面には大きな変更はなく、標準でインストールされているアプリなども同じ。

Windows8評価版

↑ロックスクリーン用のサンプル背景画像はカッコ良く入れ替わった。

Windows8評価版

↑スタートメニューに背景画像が追加された。RP版同様に落ち着いた模様もあるのだが、基本的にはポップで派手な画像が追加されている。メトロスタイル全体の色と柄を好みの色に簡単にカスタマイズできる。

Windows8評価版

↑画像を設定するとこのようにスタートメニューがカラフルで楽しそうになる。

Windows8評価版

↑Windows Storeが正式サービスとなり、有料のアプリケーションの配布も開始されている。

■関連サイト
Download Windows 8 Enterprise Evaluation

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

12,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp