2012年07月27日07時00分

MMD用自作にも挑戦 『はじめての激安パソコン自作』増刊号 好評発売中です

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 好評発売中の週刊アスキー自作増刊号『はじめての激安パソコン自作』。皆さんお手にとって頂けましたでしょうか? 総額9万円で液晶込みでアイビー自作機が組めるなんて、いい時代になりました……。

 さて、自作増刊に咲く一輪のあだ花と言えば、屈強な自作派が集う“ジサトラ”長屋。今回も192GBメモリーXeon自作からドライアイス極冷までマニアックなネタが目白押しです。

 そんな中、私が毎日眺めている『ニコニコ動画』で気になっているのが、“MMD(MikuMikuDance)”を利用した壮大な動画作品。オラもMMDでモテる動画がつくりたいっ!

MMD(MikuMikuDance)とは?
jisakumiku
↑樋口優氏作成の3Dソフト。ボーカロイドのモデルを同梱。

 MMDは超カンタンかつあっという間に3D動画が作成できると言われていますが、私が会社で愛用中のコア2デュオ世代のノートPCでは、ニコニコどころかガクガク動画になる模様。

 

オレもMMDするぜっ! やっぱり自作ですよね
jisakumiku jisakumiku
↑勢い込んでMMD作成に挑戦するも、コア2デュオ世代のノートは厳しい。 ↑MMDを扱うなら、やっぱり自作PCが有利。まあ、自作増刊だしねっ!

 MMD専用PCを自作するにも、これだけパーツが安くなっているならできるだけコストを抑えたいですよね。ジサトラ長屋特集『ニコニコ動画用PC自作』では、MMDを快適化するにはどのパーツが“効く”かを検証してみました!

 検証ではCore i3-2130(3.4GHz)のCPU内蔵グラフィックを利用する激安自作構成を中心に、グラボアリのCore i7-3770Kのハイエンド構成、旧型コア2世代のノートの計3コースを用意しました。

 ちなみに、MMEを適用すると天使のミクさんがより天使になりますよ!

MMDではこんな絵が MMEを使うとこんな絵に
jisakumiku jisakumiku
↑MMDの標準出力はトゥーンシェーダーで、陰影だけを表示する。 ↑MMEではさまざまなシェーディングや各種エフェクトが使える。
エフェクト満載でテスト
jisakumiku
↑MMEで各種エフェクトを適用してベンチを実行しました。

 

【テスト条件】MMDに加えて舞力介入PのMMD専用エフェクトツール“MME(MikuMikuEffect)”を利用。おたもんさんとmqdlさんの“o_SSAO”、ビームマンPの“水面エフェクト”に加えてそぼろさんの“TrueCamera(ブラー、被写界深度)”、“スポットライト”×8を適用。

 気になる結果はこちら!

Core i3-2130内蔵GPU利用 3fps
Core i3-2130+RADEON HD7950 15fps
Core i3-2130+RADEON HD7870 14fps
Core i3-2130+RADEON HD6670 5fps
Core i3-2130+GeForce GTX670 15fps
Core i3-2130+GeForce GTX560 Ti 15fps
Core i3-2130+GeForce GT640 5fps

 

【ベンチマーク環境】●マザーボード ASUSTeK『Maximus IV Extreme』 ●メモリー 4GB(DDR3 PC12800、2GB×2) ●HDD 日立GST『HDS723030ALA640』(3TB、7200回転、SATA3) ●電源 OCZ『OCZ-ZX850W』(80PLUS GOLD、850W) ●OS Windows 7 Professional(64ビット版)

 ベンチマークに利用したグラボは以下の6製品です。

jisakumiku

R7950 Twin Frozr III OC
【GPU】RADEON HD7950(ビデオメモリー3GB)
●MSIコンピューター ●実売価格 4万円前後

 

0727jisakumiku

R7870 Twin Frozr III OC
【GPU】RADEON HD7870(ビデオメモリー2GB)
●MSIコンピューター ●実売価格 3万円前後
 奥行きが短いPCケースの場合は、全長が197ミリと短いRADEON HD7850搭載『R7850 Twin Frozr III OC』(写真右下:実売価格2万5000円前後)がオススメ。

jisakumiku

R6670 Twin Frozr SE V2
【GPU】RADEON HD6670(ビデオメモリー1GB)
●MSIコンピューター ●実売価格 1万1500円前後
 

jisakumiku

GTX670-DC2-2GD5
【GPU】GeForce GTX670(ビデオメモリー2GB)
●ASUSTeK ●実売価格 4万8000円前後

jisakumiku

ENGTX560 Ti DCII/2DI/1GD5
【GPU】GeForce GTX560 Ti(ビデオメモリー1GB)
●ASUSTeK ●実売価格 2万4000円前後

jisakumiku

GT640-2GD3
【GPU】GeForce GT640(ビデオメモリー2GB)
●ASUSTeK ●実売価格 1万800円前後

 いかがでしょうか? エントリークラスのグラボ増設の効果は微妙で、ミドルレンジ以上のグラボ増設でMMD+MMEがより快適になることがわかりました。しかし、ミドルレンジとミドルハイの結果は15fpsで頭打ち。ということは、RADEON HD7870とGeForce GTX560 Ti搭載の2万円台半ば~3万円前後のミドルレンジグラボがお買い得ということですね。

 特集内では、このほかMMD作成時からソース動画のAVI出力、ニコニコ動画アップ用のMPEG4エンコード速度や画質まで徹底検証! ニコ生用PCのスペック考察にまで網羅しています。是非店頭で手にとってご覧ください。

 そうそう、ジサトラ長屋でおなじみのサトラはツイッターもやってますよ! ゆる~くPC自作に関係あることもないことも毎日つぶやいてるので、みなさん是非フォローしてあげてくださいね。それと、ジサトラメンバーが自作PC関連記事を投下するFacebookコミュニティー『自爆部』もひとつよろしくお願いします。

(7月27日18:50更新:グラフィックボード製品情報と記事の誤字脱字を訂正しました)

サトラのTwitter
はじめての激安パソコン自作
自作PC好きが集う週アス公式Facebookコミュニティ『自爆部』
『はじめての激安パソコン自作

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking