2012年07月21日14時30分

電子書籍リーダー『kobo Touch』でセットアップから購入までやってみたっ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 7月19日に発売になった、楽天の『kobo touch』が我が家に届きました! ということで、早速セットアップから書籍購入までをご紹介しちゃいます。

電子書籍リーダー『kobo Touch』

 まずは、パッケージをチェック。白地ベースのシンプルなデザイン。サイドにシルバーでロゴが入っておしゃれです。付属品はUSBケーブルと簡単な説明書のみ。ちなみに、ライラックを購入しましたが、想像していたちょっとラメがかったものではなく、マットな色と質感でした。

■koboのセットアップはPC経由で!

 koboを使うには、最初に付属のUSBケーブルでPCにつないでセットアップが必要とのこと。画面に出た手順に従っていけばいいのですが、PC初心者などはちょっととまどうかもしれません。もし、PC環境のない方などにプレゼントする際は、先にセットアップしてからプレゼントしたほうがいいかも。

PC用のデスクトップアプリをインストール
電子書籍リーダー『kobo Touch』
↑koboとPCを接続する前に、PCに専用のデスクトップアプリをインストールする必要がある。アプリは、koboのサイトからダウンロードできる。
PCにUSBケーブルで接続
本日発売の電子書籍リーダー『kobo Touch』で買ったり読んだり試してみた!
↑デスクトップアプリをインストールしたら、koboを接続。ちなみに、充電もこのUSBケーブルで行なう。最初はフル充電がおすすめ。
PCでセットアップ中
Facebookと連携
本日発売の電子書籍リーダー『kobo Touch』で買ったり読んだり試してみた! 本日発売の電子書籍リーダー『kobo Touch』で買ったり読んだり試してみた!
↑楽天のIDを入力し、ソフトウェア更新の後、同期が完了すれば、最初のセットアップは終了。 ↑Facebookへのログインはkobo上からもできますが、最初にPCで設定しておいたほうが楽。


■koboイーブックストアで電子書籍を購入

 セッティングが終わったら、いよいよスタートっ。まずは、PC用のデスクトップアプリから、本を購入してみました。

楽天に登録したクレジットカードで決済
楽天ポイントが使える!
本日発売の電子書籍リーダー『kobo Touch』で買ったり読んだり試してみた! 本日発売の電子書籍リーダー『kobo Touch』で買ったり読んだり試してみた!
↑楽天ユーザーであれば、楽天の会員IDを入れるだけで、楽天に登録しているクレジットカードの支払情報などをそのまま使用できます。 ↑楽天ポイントも支払いに使えます。もちろん、koboで電子書籍を購入しても、ポイントが貯まります。

 もちろんkoboからでも、WiFiでネットに接続すれば、ストアの本を検索したり購入ができます。

koboイーブックストア
電子書籍リーダー『kobo Touch』
↑koboのメイン画面から“本を探す”をタッチすると、ストアへ。おすすめや特集、ジャンル別のコンテンツを参照できるほか、検索も可能。


■ソーシャルリーディング機能を搭載

 自分がいま読んでいる本をFacebookで共有できるのも、koboの特徴のひとつ。“Facebookに投稿”ボタンから、Facebookにログインし(初期設定で関連付けも可能)、コメントを書くだけでオーケー。

koboの特徴その1 “Facebook連携”
Facebookのタイムラインに投稿
本日発売の電子書籍リーダー『kobo Touch』で買ったり読んだり試してみた! 本日発売の電子書籍リーダー『kobo Touch』で買ったり読んだり試してみた!
↑現在読書中の本から、Facebookに投稿。コメントも自由につけられます。 ↑Facebookには、“koboより”と表示され、本の表紙も投稿されます。
koboの特徴その2 “バッジ”
本日発売の電子書籍リーダー『kobo Touch』で買ったり読んだり試してみた!
↑koboのソーシャル要素のひとつが、このバッジ機能。中には、こんなおもしろいバッジも用意されていました。


■電子書籍端末対決っ! kobo VS Reader !?

 そして、気になるのが同じく6インチの電子ペーパーを搭載している、ソニーの『Reader』。手持ちのReaderとkoboを並べてみました。

本日発売の電子書籍リーダー『kobo Touch』で買ったり読んだり試してみた!

 大きさはほぼ同じですが、高さはReaderのほうがあり、そのぶんkoboは幅が少し大きい。持ってみると、koboのほうがやや厚く少し重い感じ。koboは約185g、Readerは約168gと、どちらも軽量ですが、比べてみると重さの違いは感じました。
 個人的には、使い勝手としては、こなれた感のあるソニーReaderが好きですが(使い慣れているというのもあります)、価格は圧倒的にkoboのほうが低価格。これから電子書籍端末を購入したいと思う人は、仕様や価格、ストアのサービスなど、さまざまな要素を見て、選んでみてくださいね。

■関連サイト
楽天kobo

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking