2012年07月02日12時00分

Chromeで拡張機能をグループ化して切り替えられる Contextで遊ぼう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 Chromeの拡張機能はとても便利だが、数が増えすぎて右上にアイコンがズラリと並んでしまい、使いにくくなってしまっている人もいるのではないだろうか。そんなときは『Context』を使って拡張機能をグループ化しよう。“仕事用”、“プライベート用”、“ショッピング用”というように分類し、ワンクリックで切り替えられる。また、拡張機能だけではなくアプリもグループ化できるぞ。

Context Context

■インストール
 グーグルのウェブサイト“Chrome ウェブストア”(関連サイト)にアクセス。『Context』を検索して、ダウンロードサイト(関連サイト)へ。

Context

 右上に表示された【CHROMEに追加】を押し、【追加】をクリックすると数秒でインストールが終了。すると、チュートリアル画面が現われるので、【次へ】を押して一読しておこう。

Context Context

 すべて読み終わると、『Context』のオプション画面が新しいタブで開く。

Context

■グループを作成しよう
 さっそくグループを作成してみよう。オプション画面の左下にある【新しいグループ】をクリックする。

Context

 グループ名を入力し、アイコンを選んで【作成】をクリック。

Context

 ここでは“仕事用”という新しいグループを作成。

Context

 画面上部に利用可能な拡張機能が一覧表示されるので、登録したいものを“ドラッグ・アンド・ドロップ”でグループにもっていこう。

Context Context

 グループに拡張機能が登録できた。この要領で増やしていこう。

Context Context

 同様の手順でもうひとつグループを作成してみよう。

Context Context

 2つ目のグループにも拡張機能を登録した。

Context

 常に利用したい拡張機能はグループではなく“常時有効にする拡張機能”欄に“ドラッグ・アンド・ドロップ”しておこう。

Context

 登録が終わったら忘れずに【保存】をクリック。

Context

■グループを切り替えてみよう
 登録が終わったらさっそく切り替えを試してみよう。右上の『Context』アイコンをクリックし、現われたメニューから【仕事用】グループを選択。

Context

 並んでいる拡張機能のアイコンが変わっているのがわかる。

Context

 同様に【プライベート】を選択し、拡張機能が変わっているのを確認しよう。

Context Context

 さらに“Chromeウェブストア”から新たに拡張機能をインストールすると、登録するグループを選択できるようになっている。

Context Context

 また、グループにテーマを登録しておけば、グループごとにChromeの見た目を変えられる。

Context Context

■その他の機能を見てみよう
【グループに追加されていない拡張機能をハイライト表示する】にチェックを入れると色分け表示ができ、チェック漏れを防げる。

Context

【追加オプション】をクリックすると表示される【Chrome Webアプリも対象にする】にチェックを入れると、拡張機能だけではなくアプリもグループ分けできる。

Context Context

 プルダウンメニューからは、新しく拡張機能をインストールしたときの動作を変更できる。

Context

【設定のインポート/エクスポート】からグループの設定を保存できる。友達に教えてあげるときなどに便利だ。

Context

●関連サイト
Context
バージョン:0.301
フリーソフト
作者:Konrad Dzwinel

 (バージョンは記事作成時のものです)

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

12,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp