2012年06月26日07時30分

自作レンズで夏を撮る 日本の夏、自作の夏がキター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

手間はかかるけど、世界で1枚の自分だけの写真が撮りたい! そんな人にオススメなのが“自作レンズ”。ミラーレス一眼なら、レンズを外して前にかざすだけでも撮れちゃう。交換レンズは高価だが、自作レンズなら安価な材料でつくれるのもメリット。この夏の自作はレンズに決めちゃおう!!

今回はパナソニックのミラーレス一眼『GX1』を使用。材料はあくまでも目安。手元にあるものや用意できるもので、自分で試行錯誤してつくると楽しいぞ。ただし、自作はあくまでも自己責任で!!

■つくったレンズ(1)
ジャバラレンズ
●材料
黒いケント紙(A4)、ボディーキャップ、ルーペ(5倍)、遮光テープ、両面テープ、スチレンボードなど 合計1200円

887_lens

★ジャバラレンズのつくり方はこちら(内部リンク)

↓ジャバラレンズの作例(クリックで拡大)

887_lens 887_lens
887_lens 887_lens

液晶画面を見て、ピントを合わせながらの撮影となる。被写界深度が浅く、ジャバラが可動してしまうため、微妙にピントがずれるが、ピントが合うと撮っててうれしい。

■つくったレンズ(2)
魚眼レンズ
●材料 ドアスコープ、レンズキャップ 合計 2860円

887_lens

↓魚眼レンズの作例

887_lens 887_lens
887_lens 887_lens

↑お昼すぎの、くもりの横浜で撮影。レンズはパナソニック『H-PS14042』を使用。
※ドアスコープが、若干内側に飛び出すので、カメラレンズをを傷つけないように注意!

■つくったレンズ
マクロレンズ
●材料 ルーペ(10倍)、レンズ保護フィルター、両面テープ、遮光テープ 合計2700円

887_lens

↓マクロレンズの作例

887_lens

↑標準レンズでは最短撮影距離が20センチだったが、このレンズだと半分の10センチまで近寄って撮れた。

【撮影協力】
むし社(関連サイト)

■つくったレンズ
ピンホールレンズ
●材料 ボディーキャップ、アルミホイル 遮光テープ 合計578円

887_lens

↓ピンホールレンズの作例

887_lens 887_lens

↑16時ごろの東京・銀座。光量が少ないため、ISO3200の高感度で撮影。

■つくったレンズ
望遠レンズ
ボディーキャップ、望遠鏡キット、ルーペ、テープ、黒いケント紙 合計1880円

887_lens

【比較:35ミリ換算28mmの作例】

887_lens

↓望遠レンズの作例。船のマスト部分が写った。目測で35ミリ換算は約300~350mm程度。

887_lens

全体的にボヤけてはいるものの、味のある作例が撮れた。安価でつくり込めばつくり込むほど、楽しい自作レンズ。この夏始めてみませんか?

 

ジャバラレンズほかのつくり方は『週刊アスキー7月10-17日合併号』を参照ください。

 

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!