2012年03月01日20時00分

MWC2012:FirefoxのMozillaが放つAndroid OSキラー 新モバイルOS『Boot To Gecko』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 MWCに初登場した『Ubuntu』のCanonicalブースを紹介しましたが、同じく今年MWCデビューしたのがMozillaです。人気ブラウザー『Firefox』の開発で知られるMozillaですが、出展の最大の目的はモバイル版Firefoxではなく、開発中の新しいモバイルOSのお披露目。

 モバイルOSはAndroidで勝負が決まったのではない! と思っているのは、マイクロソフトだけではないようです。

MWC2012:MozillaのモバイルOS『Boot To Gecko』がゴー

 ブースは2ヵ所に分かれていましたが、どこもHall 7の隅っこ。Mozillaの広報担当によると、出展申し込みを決めたのが遅かったのだそうです。

 それでも、「どちらも大盛況でびっくりした」とのこと。Firefoxのキツネの絵が入ったカップで飲む“コーヒー”目的かもしれませんが、確かににぎわってました。

 ブースのひとつはCanonicalの横にあり、あたりはオレンジ色に染まっていましたよ。

MWC2012:MozillaのモバイルOS『Boot To Gecko』がゴー
↑これがMozillaが開発中の『Boot To Gecko』……略して“B2G”。試作機はサムスンの『GALAXY S II』でした。

 B2GはHTML5を土台にしており、まだアルファ版の前の“プリアルファ”の段階。しかし、通話、カメラ、フォトギャラリー、アドレス帳など電話機能を活用するためのAPIがすでに含まれています。

ダイアル画面 カメラ
MWC2012:MozillaのモバイルOS『Boot To Gecko』がゴー MWC2012:MozillaのモバイルOS『Boot To Gecko』がゴー
フォトギャラリー アドレス帳
MWC2012:MozillaのモバイルOS『Boot To Gecko』がゴー MWC2012:MozillaのモバイルOS『Boot To Gecko』がゴー
MWC2012:MozillaのモバイルOS『Boot To Gecko』がゴー
↑ゲームも見せてくれました。グラフィックスも鮮やかで動きもスムーズです。
MWC2012:MozillaのモバイルOS『Boot To Gecko』がゴー
↑これがコード。B2Gはオープンソースです。

 シャットダウンが高速で、ボタンを押すとそのまま画面が真っ暗になりました。B2Gはまだまだ開発段階で、今後NFCサポートなどを予定しているそうです。

 OS開発と同時に進めるのがアプリ。プラットフォームとくればアプリストアで、Mozillaは『Mozilla Marketplace』という名称で展開します。会期中、開発者のアプリ提出受け付けも開始しました。

 オープンソースのモバイルOSはAndroid以外、ことごとく失敗していますが、B2Gにチャンスはあるのでしょうか?

 MWC会期中にスペインのオペレーターであるTelefonicaとB2Gベースの『Open Web Device』を開発し、2012年中に商用化することを発表しています。Telefonicaが展開するブラジルなどの途上国市場が主なターゲットのようです。

MWC2012:MozillaのモバイルOS『Boot To Gecko』がゴー
↑デモを見せてくれたMozillaのモバイル開発マネージャ、Bradford Lassey氏。ありがとうございました!

バルセロナで開催されるモバイルの祭典Mobile World Congressを最速レポ
週アスPLUS:MWC 2012 最強まとめ

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!