2012年03月01日20時00分

MWC2012:FirefoxのMozillaが放つAndroid OSキラー 新モバイルOS『Boot To Gecko』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 MWCに初登場した『Ubuntu』のCanonicalブースを紹介しましたが、同じく今年MWCデビューしたのがMozillaです。人気ブラウザー『Firefox』の開発で知られるMozillaですが、出展の最大の目的はモバイル版Firefoxではなく、開発中の新しいモバイルOSのお披露目。

 モバイルOSはAndroidで勝負が決まったのではない! と思っているのは、マイクロソフトだけではないようです。

MWC2012:MozillaのモバイルOS『Boot To Gecko』がゴー

 ブースは2ヵ所に分かれていましたが、どこもHall 7の隅っこ。Mozillaの広報担当によると、出展申し込みを決めたのが遅かったのだそうです。

 それでも、「どちらも大盛況でびっくりした」とのこと。Firefoxのキツネの絵が入ったカップで飲む“コーヒー”目的かもしれませんが、確かににぎわってました。

 ブースのひとつはCanonicalの横にあり、あたりはオレンジ色に染まっていましたよ。

MWC2012:MozillaのモバイルOS『Boot To Gecko』がゴー
↑これがMozillaが開発中の『Boot To Gecko』……略して“B2G”。試作機はサムスンの『GALAXY S II』でした。

 B2GはHTML5を土台にしており、まだアルファ版の前の“プリアルファ”の段階。しかし、通話、カメラ、フォトギャラリー、アドレス帳など電話機能を活用するためのAPIがすでに含まれています。

ダイアル画面 カメラ
MWC2012:MozillaのモバイルOS『Boot To Gecko』がゴー MWC2012:MozillaのモバイルOS『Boot To Gecko』がゴー
フォトギャラリー アドレス帳
MWC2012:MozillaのモバイルOS『Boot To Gecko』がゴー MWC2012:MozillaのモバイルOS『Boot To Gecko』がゴー
MWC2012:MozillaのモバイルOS『Boot To Gecko』がゴー
↑ゲームも見せてくれました。グラフィックスも鮮やかで動きもスムーズです。
MWC2012:MozillaのモバイルOS『Boot To Gecko』がゴー
↑これがコード。B2Gはオープンソースです。

 シャットダウンが高速で、ボタンを押すとそのまま画面が真っ暗になりました。B2Gはまだまだ開発段階で、今後NFCサポートなどを予定しているそうです。

 OS開発と同時に進めるのがアプリ。プラットフォームとくればアプリストアで、Mozillaは『Mozilla Marketplace』という名称で展開します。会期中、開発者のアプリ提出受け付けも開始しました。

 オープンソースのモバイルOSはAndroid以外、ことごとく失敗していますが、B2Gにチャンスはあるのでしょうか?

 MWC会期中にスペインのオペレーターであるTelefonicaとB2Gベースの『Open Web Device』を開発し、2012年中に商用化することを発表しています。Telefonicaが展開するブラジルなどの途上国市場が主なターゲットのようです。

MWC2012:MozillaのモバイルOS『Boot To Gecko』がゴー
↑デモを見せてくれたMozillaのモバイル開発マネージャ、Bradford Lassey氏。ありがとうございました!

バルセロナで開催されるモバイルの祭典Mobile World Congressを最速レポ
週アスPLUS:MWC 2012 最強まとめ

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly
スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

3,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

10,380円〜

11人が購入

Amazon.co.jp