2012年02月28日02時08分

MWC2012:ASUSのあの合体スマホが合体パーツを増やしてついに発売!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 アンドロイドタブレットの『Eee Pad Transformer』をリリース中のASUS。MWCのプレスカンファレンスで、まずはこのEee Pad Transformerというブランド名を“Transformer Pad”に変更すると発表。さらに、現行の『Transformer Pad Prime 201(旧Eee Pad Terarnsformer Prime 201)』に、『Transformer Pad Infinity 700series』と『Transformer Pad 300series』の新ラインアップを追加しました。

 『Transformer Pad Infinity 700series』は Transformer Padシリーズのハイエンドモデル。液晶サイズは10.1インチとほかのモデルと同じだが、解像度が1920×1280ドットと高精細なのが特徴。

WUXGA解像度でフルHDに対応 ASUSらしいデザイン 厚さは8.5ミリ
MWC2012:ASUSのあの合体スマホが合体パーツを増やしてついに発売! MWC2012:ASUSのあの合体スマホが合体パーツを増やしてついに発売! MWC2012:ASUSのあの合体スマホが合体パーツを増やしてついに発売!
↑10.1インチながら1920×1280ドットの高解像度。フルHDの映像が楽しめます。 ↑天板は同社のUltrabook『ZENBOOK』と同じ同心円状のヘアライン仕上げ。 ↑本体の厚さは8.5ミリ。iPad2が8.8ミリなので、よくここまで頑張りました!

 モデルとしてはWiFi版と3G/LTE版がラインアップ……なのですが、この2モデルそれぞれCPUが違い、WiFi版はクアッドコアのTegra3(1.6GHz)。一方の3G/LTE版がデュアルコアのSnapdragon S4 Krait(1.5GHz)となっています。
 もし両モデルとも日本で発売されたとしたら、CPUとLTEどちらの高速性能をとるか悩むところですね。

【SPEC】
○OS:Android 4.0
○ディスプレー:10.1インチスーパーIPS液晶(1920×1280ドット)
○CPU:WiFi版/Tegra 3 T33 (1.6GHz、クアッドコア)
    3G/LTE版/Snapdragon S4 Krait (1.5GHz、デュアルコア)
○メモリー:1GB
○ストレージ:32/64GB
○カメラ:メイン/約800万画素、インカメラ/約200万画素
○サイズ/重量:263 (W)×8.5(D)×180.8(H)mm/約586g(タブレット部)

 

 一方の『Transformer Pad 300series』は価格を399ドルに設定したエントリーモデル……なのですが、搭載CPUはクアッドコアとコストパフォーマンスは良好。

デザインは一緒 赤もあるよ!
MWC2012:ASUSのあの合体スマホが合体パーツを増やしてついに発売! MWC2012:ASUSのあの合体スマホが合体パーツを増やしてついに発売!
↑ パッと見はInfinity 700seriesと同じ。ほとんどノートPCですな。 ↑300seriesはブルー、ホワイト、レッドのカラーバリエーションを用意。レッドはパームレストなども天板と同色でいちばん派手。

 300seriesにもLTE版が用意されるとのこと。キャリアとの契約次第では、おトクにタブレットを入手できそうです。でも、日本での発売は未定。っていうかMWCって「日本でも出ます!」って言ってくれるメーカーはほとんどないんですよね……。

【SPEC】
○OS:Android 4.0
○ディスプレー:10.1インチ(1280×800ドット)
○CPU:Tegra 3 T30L (1.2GHz、クアッドコア)
○メモリー:1GB
○ストレージ:16GB
○カメラ:メイン/約800万画素、インカメラ/約120万画素
○サイズ/重量:263 (W) ×9.9(D) ×180.8(H)mm/約635g

 

 そして、ついに発売時期が発表されたのが、スマホとタブレットを合体させて使える『PadFone』。昨年6月のCOMPUTEX台北で正式に発表されて以来、待ちに待たされましたが、ついに4月に発売になります。

LTE版もある
MWC2012:ASUSのあの合体スマホが合体パーツを増やしてついに発売!
↑3G版は4月に発売。さらにLTE版も夏頃の発売を予定している。

 しかも、昨年の発表時にはスマートフォンとタブレットの合体だけでしたが、さらに合体機能が強化。ほかのTransformer Padシリーズ同様、キーボードとの合体も可能になりました!

バッテリーは9倍に PadFoneの本体 丸いヘアライン
MWC2012:ASUSのあの合体スマホが合体パーツを増やしてついに発売! MWC2012:ASUSのあの合体スマホが合体パーツを増やしてついに発売! MWC2012:ASUSのあの合体スマホが合体パーツを増やしてついに発売!
↑スマートフォン、タブレット、キーボードすべてにバッテリーが搭載されており、全部合体するとスマホ単体の9倍のバッテリー容量になるとのこと。 ↑合体機能のコアとなるスマホ部分。ディスプレーは4.3インチ(960×540ドット)で一般的なスマホと同じサイズ。 ↑PadFoneの背面も同心円状のヘアラインを採用。
PadFone Station スマホは背面にセット キーボードもついた!
MWC2012:ASUSのあの合体スマホが合体パーツを増やしてついに発売! MWC2012:ASUSのあの合体スマホが合体パーツを増やしてついに発売! MWC2012:ASUSのあの合体スマホが合体パーツを増やしてついに発売!
↑タブレット部分は10.1インチ(1280×800ドット)の液晶を搭載。重量は724グラムとやや重め。 ↑PadFone Stationとの合体は背面にはめ込むだけ。どちらも起動させたままでオーケーだ。 ↑1年前の発表にはなかったキーボードが用意された。合体の合体でスーパーロボット並み。
さらにタッチペンも
MWC2012:ASUSのあの合体スマホが合体パーツを増やしてついに発売!
↑キーボードだけでなくタッチペンも周辺機器として追加。しかも、このペンにはマイクとスピーカーがついていて、ハンドセットとしても使用可能。

 ハッキリ言ってキワモノガジェット以外の何もでもないPadFone。こんなおもしろいガジェット、ぜひとも日本でも発売してもらいたいところです。

【SPEC】
●PadFone部
○OS:Android 4.0
○ディスプレー:4.3インチ(960×540ドット)
○CPU:Snapdragon S4 (1.5GHz、デュアルコア)
○メモリー:1GB
○ストレージ:16GB、32GB、64GB
○カメラ:メイン/約800万画素、インカメラ/約30万画素
○サイズ/重量:128 (W)×9.2(D)×65.4(H)mm/約128g

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp