2012年02月27日10時34分

MWC2012:ソニモバ最新モデル『Xperia P』と『Xperia U』最速実機レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ソニーモバイルから発表された『Xperia P』と『Xperia U』。MWC2012のプレスカンファレンスでは実機が展示されていたので、さっそくガシガシと触ってきましたよ!

 ちなみに、この2機種はすでに発表されている、『Xperia S』(日本版はXperia NXね)に続く『NXT』シリーズ。なので、ディスプレー下部の透明部分“フローティングプリズム”を採用したデザインは一緒です。取材現場では3機種並んで設置してあって、取材陣から「どれがどれだ?」なんて声も聞こえるくらいそっくりでした。

NXTシリーズ3兄弟!
MWC2012:ソニモバ最新モデル『Xperia P』と『Xperia U』最速実機レビュー
↑左から『Xperia P』、『Xperia S』、『Xperia U』。NXTシリーズということで、デザインが似ているので、ぱっと見はどれも一緒な感じ。

 そんなそっくり3兄弟の次男的ポジションが『Xperia P』。最大の特徴は、“ホワイトマジック”。これは、ビーチやゲレンデなど強い日差しの下でも、クッキリと見える非常に明るいディスプレー。実際明るいライトの下でチェックしてみましたが、たしかに明るい。これなら外での写真撮影時に、“まぶしくて画面が全然見えない”なんてことはなさそうです。

ディスプレーは4インチ
MWC2012:ソニモバ最新モデル『Xperia P』と『Xperia U』最速実機レビュー
↑ホワイトマジック技術で明るい場所でもかなり鮮明。フローティングプリズムの下はメタリックなデザイン。
フローティングプリズムを採用
MWC2012:ソニモバ最新モデル『Xperia P』と『Xperia U』最速実機レビュー
↑NXTシリーズの特徴でもあるフローティングプリズム。
カラバリは3色
MWC2012:ソニモバ最新モデル『Xperia P』と『Xperia U』最速実機レビュー
↑カラーバリエーションは、ブラック、シルバー、レッドの3色が用意されています。
OSは2.3.7
MWC2012:ソニモバ最新モデル『Xperia P』と『Xperia U』最速実機レビュー
↑搭載OSはジンジャーブレッドだが、アイスサンドへのアップグレードの予定あり。

 本体素材にはアルミを使用していて、手に持つとひんやりとして高級感あり。本体左側面にはマイクロUSB端子とHDMI端子を装備。いままでのXperiaシリーズだと、ここに端子カバーが付いていましたが、今回はなしです。

 というのも、Xperia Pには専用のクレードル『SmartDock』が用意されており、ここにセットする際に、カンタンにできるように端子カバーを省いたとのこと。

サイドもアルミ
MWC2012:ソニモバ最新モデル『Xperia P』と『Xperia U』最速実機レビュー
↑本体周辺もアルミ素材で覆われている。中央のカバーはSIMスロットで、マイクロUSBとHDMI端子にはカバーはなし。
SmartDockに装着
MWC2012:ソニモバ最新モデル『Xperia P』と『Xperia U』最速実機レビュー
↑充電だけでなく、大画面テレビへの出力などコンテンツのハブとして利用可能。

 日本での発売は未定ですが、5月頃出荷予定。価格はミドルレンジのモデルと同等とのことです。

 そのほか詳しいスペックは下記のとおり。

OS Android 2.3
ディスプレー 4インチ(540×960ドット)液晶
CPU STE U8500(1GHz、デュアルコア)
カメラ画素数 約800万画素(インカメラ約30万画素)
内蔵ストレージ 16GB
サイズ/重量 59.5(W)×10.5(D)×122(H)mm/約120g

 

 続いて3兄弟の三男『Xperia U』。こちらは、3.5インチのディスプレーを採用したコンパクトモデル。フローティングプリズムを採用したデザインは同じですが、Xperia Uはこの部分がカラフルに光るんです。

フローティングプリズムが光る テーマを変えると別の色に!
MWC2012:ソニモバ最新モデル『Xperia P』と『Xperia U』最速実機レビュー MWC2012:ソニモバ最新モデル『Xperia P』と『Xperia U』最速実機レビュー
↑ボタン周辺ではなく、フローティングプリズム全体が光る。 ↑同じ端末でも、テーマを変えるとほかの色になる。
若干厚め
MWC2012:ソニモバ最新モデル『Xperia P』と『Xperia U』最速実機レビュー
↑本体中央部分に膨らみがあるデザインで、最厚部は12ミリ。
iPhoneよりちょっと小さい
MWC2012:ソニモバ最新モデル『Xperia P』と『Xperia U』最速実機レビュー
↑3.5インチだが、同じディスプレーサイズのiPhone4Sよりも若干小さい。

 指定したテーマにあわせて色が変わるほか、表示している写真や聴いている音楽にもあわせて変色します。さらにXperia Uは、フローティングプリズムの下の部分が別カバーになっていて取り外し自由。 フローティングプリズムの発色にあわせてカラーを変えることもできるので、カラフルなデザインを楽しめる端末となっていますよ。

本体下部はキャップ式
MWC2012:ソニモバ最新モデル『Xperia P』と『Xperia U』最速実機レビュー
↑フローティングプリズムの下はキャップ式になっていて、引っ張ると取り外しできる。
別の色に着せ替え
MWC2012:ソニモバ最新モデル『Xperia P』と『Xperia U』最速実機レビュー
↑ほかのカラーのキャップへと着せ替え可能なので、フローティングプリズムの発色にあわせて交換できる。

 こちらも日本発売は未定。出荷は5月頃でエントリーモデルと同等の価格とのことです。詳しいスペックは下記のとおりです。

OS Android 2.3
ディスプレー 3.5インチ(480×854ドット)液晶
CPU STE U8500(1GHz、デュアルコア)
メモリー(RAM) 512MB
カメラ画素数 約500万画素(インカメラ約30万画素)
内蔵ストレージ 4GB
サイズ/重量 54(W)×12(D)×112(H)mm/約110g

 

 どちらの機種も、ソニーのエンターテイメントサービス『Sony Entertainment Network』に対応。発表会ではソニーの平井一夫社長も登壇し、 ソニー・エリクソンからソニーモバイルへとソニーの完全子会社となったことで、“One Sony”をキーワードにXperiaとソニー製品やサービスとの連携について強調。エンタメ系スマホとして期待できる2モデルです。

ひとつになるソニー
MWC2012:ソニモバ最新モデル『Xperia P』と『Xperia U』最速実機レビュー
↑平井ソニー社長も登壇し、Xperiaが大切なソニー製品であることをアピール。
聴き放題&見放題のサービス
MWC2012:ソニモバ最新モデル『Xperia P』と『Xperia U』最速実機レビュー
↑ Sony Entertainment Networkのサービスとして、音楽や映像コンテンツを定額で楽しめる機能も搭載。

バルセロナで開催されるモバイルの祭典Mobile World Congressを最速レポ
週アスPLUS:MWC 2012 最強まとめ

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

3,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

10,380円〜

11人が購入

Amazon.co.jp