2012年01月31日14時01分

GTX580に勝っちゃった! AMDのハイエンドGPU第2弾『RADEON HD7950』登場!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

ぶっちぎりのゲーム性能や非ゲーム時の徹底した省エネ機能、オーバークロックの自由度で、今最もアツいGPUが『RADEON HD7900』シリーズ。最上位の『RADEON HD7970』に続いて弟分『RADEON HD7950』が登場しました。

RADEON HD7950

要注目なのは、HD7970と同じく“Tahitiコア”を採用していること。つまり、28nmプロセスで製造されており特性はほぼ同等です。

製品名 RADEON HD7950 RADEON HD7970 GeForce GTX580
製造プロセス 28nm 28nm 40nm
SP数 1792基 2048基 512基
テクスチャーユニット 112基 128基 64基
コアクロック 800MHz 925MHz 772MHz
メモリータイプ 3GB GDDR5 3GB GDDR5 1536MB GDDR5
最大消費電力 200W 250W 244W
補助電源 6+6ピン 8+6ピン 8+6ピン

 

SP数が下がっているため、性能面ではHD7970には及ばないでしょう。そのぶん、最大消費電力が50W下がっています。

それでは、気になるゲーム性能をチェック。もちろん『バトルフィールド3』で画質設定は最高で。
そして、最大1GHzまでオーバークロック可能という性能も見てみました。標準のユーティリティーでカンタンにオーバークロックできるのがHD7900シリーズのいいところですからね!

RADEON HD7950
RADEON HD7950

なんと、定格動作のHD7970やGTX580を上回るという結果に!  ただし、1GHzまでオーバークロックすると描画が乱れたり、逆にスコアーが落ちるという現象が起きたため、ドライバーなどの成熟に期待したいところです。

気になる価格ですが、HD7970が5万5000円~6万円前後と高額なのに対し、4万円台半ばから5万円前後なので、ハイエンド志向の人でも性能も価格も満足できる製品じゃないでしょうか!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking