2011年12月24日13時00分

【SIMフリースマホと27日間世界一周 8】 古都ブダペストの快適環境にホッとひと息

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

【前回までのあらすじ】→日本を旅立ったライター中山は、タイ、ラオス、南アフリカ、ジンバブエ、ドイツ、クロアチアへ。快適な仕事環境を求め、ハンガリーの首都ブダペストへ向かうのでした。

※レポートは9月21日~9月24日時点のものです。

 ハンガリーから、バスと列車を丸一日乗り継いで到着したのが、ブダペスト南駅。

 新しい国に到着したら、まず最初にSIM探しなわけですが、駅構内のコンビニで聞いてみたところ「プリペイドのケータイは売っているが、SIMは売っていない」とのこと。う~ん困った。しかたがないので駅構内をウロウロしていると、今度はケータイ端末を販売しているショップを発見。SIMについて聴いてみると、あっさり店頭で購入できました。

ケータイショップでSIMを購入
世界一周 ブダペスト
↑キャリアショップではなく端末の小売店。世界的にはこういったケータイショップが一般的。日本のほうが特殊なんです。
ハンガリーのT-Mobile
世界一周 ブダペスト
↑ちょっとリア充っぽいオシャレな写真のパッケージ。価格は2700HUF(約900円)。

 T-MobileのSIM。インターネットへの接続に必要なAPNなどの項目は下記のとおりです。

 APN : internet
 ユーザー名:空白
 パスワード:空白

 パケットパックパックもいくつか種類が用意されています。

 Domino Go!Net S 30MB 590HUF(約200円)
 Domino Go!Net M 100MB 990HUF(約3300円)
 Domino Go!Net L 500MB 1990HUF(約670円)

 申し込みはSMSから。まず、1430あてに“+NETSTART”と記入して送信し、ネット接続を開始。続いてパケットパックを選択。私は500MBプランを申し込んだので、同じく1430あてに“+NET500”と記入して送信。あとはそのまま手続きを進めればオーケーです。ブダペスト内はほとんど3Gエリアで、スマホから快適に通信が行なえます。

 さて。無事にネット環境が確保できたので、安心してホテルへ。

 ここでは、部屋でキッチリ腰を据えて仕事をしようと計画していたので、一般的なホテルではなく“サービスアパート”を予約してみました。

大きなベッドに広い部屋~♪
世界一周 ブダペスト
↑ゆったり寝られる大きなダブルベッドに、液晶テレビとDVDプレーヤー付き。家具も配色もかわいらしく、私の旅の仲間(スナフキン)もお気に入りのようです。

 1泊61ドル(約4800円)。一般的なホテルと違って、毎日の清掃やタオル交換といったサービスはありませんが、ヨーロッパで同じ価格帯のホテルに泊まろうとすると、かなり狭い部屋になってしまいます。

 それにキッチンもついているので、スーパーで食材を買って自炊すれば、その土地に引っ越してきたような気分も味わえます!
(まぁ、インスタントラーメンしかつくりませんでしたが……)

すてきなキッチン 洗濯機完備!
世界一周 ブダペスト 世界一周 ブダペスト
↑ダイニングテーブルや本格的なキッチンもあり、ちょっとしたモデルルームみたい。夜中に仕事しながらコーヒーも沸かせるし、夜食も作れる! ↑バスルームには洗濯機も装備。長い旅行でいちばんめんどうな作業が洗濯。洗濯機が自由に使えるとかなりラクチン。

 インターネットは無線LANが利用でき、速度もADSL程度。ダイニングテーブルにPCやら資料やらを広げて、サクサクと仕事が進められました。

 こういった快適な宿泊施設を探すのによく利用するのが、『トリップアドバイザー』。口コミの投稿数が多いので、実際の宿の様子がよくわかって安心できます。PCだけじゃなく、iPadやスマホ用のアプリがあるのもポイント。特にiPad版はインターフェースがよくできていて、地図を見ながら宿が探しやすいんですよね。

iPad版アプリ『トリップアドバイザー』
世界一周 ブダペスト
↑地図と宿のリストが同時に見られるので便利。グーグルマップのストリートビューとも連動していて、行く前に周囲の状況もチェックできる。
アジアに強い『Agoda』 無料券がもらえる『Hotels.com』 ヨーロッパなら『Booking.com』
世界一周 ブダペスト 世界一周 ブダペスト 世界一周 ブダペスト
↑アジアを拠点としてたサイト。ポイントサービスを採用しているので、継続して使うとおトク。 ↑こちらは10泊すると、1泊無料になる。期間限定のバーゲンセールも多い。 ↑ヨーロッパの小さなホテルやサービスアパートなど、取り扱い宿泊施設が多い。

 ちなみに、宿泊料金は税金などの表示が違うだけで、バーゲンセールをのぞけば、3つのサイトで大きく変わることはありません。自分にあった使いやすいサイトを選べばオーケーですよ。

 さて。快適なサービスアパートで仕事がはかどったので、休憩がてら、ブダペスト観光にも出かけます。

川を挟んでブダとペスト
世界一周 ブダペスト
↑ドナウ川を挟んで手前側がブダ。向こう側がペスト。2つ合わせてブダペスト!
マーチャーシュ聖堂と三位一体の像
世界一周 ブダペスト
↑ブダペストのシンボルとも言うべき白い教会(右)と、18世紀に疫病のペスト終焉を記念して建てられた白い像(左)。
現在は美術館のブダ城
世界一周 ブダペスト
↑ハンガリーの王宮として使われていたブダ城。現在はハンガリー国立美術館などに使われています。

 ブダペスト市内は地下鉄や路面電車が走っているので、ブラブラと観光しやすいのもポイント。

路面電車で移動
世界一周 ブダペスト
↑ヨーロッパでよく見かける路面電車。地上を走ってくれるので、移動中でもスマホの地図が確認できるから、降りる駅もわかりやすいです。

 ブダペスト交通局の路線に乗り放題の『ブダペストカード』を使えば乗り降りも自由なのでラクチン。48時間有効のこのカードは6300HUF(約2100円)で、美術館や観光地の入場料が割引きにもなるのでおトクです。

中央市場を見学
世界一周 ブダペスト
↑ドナウ川の自由橋そばにある大きな市場。食料品や生活雑貨のほか、お土産屋さんも多く入ってます。
ひとり旅の友“市場メシ”
世界一周 ブダペスト
↑どこの国の市場にも飲食店が併設されていて、ひとりでも利用しやすく、しかも味のハズレが少ない!

 ハンガリーは温泉大国。長い旅の疲れを癒すために、メジャーな“セーチェニ温泉”へやってきました。

ヨーロッパ最大の温泉『セーチェニ温泉』でのんびり
世界一周 ブダペスト
↑屋外の温泉プール。チェス盤と駒がおいてあって、温泉プールに入りながら遊べるのが特徴。入浴料は3100HUF(約1040円)。


大きな地図で見る

 防水デジカメがなかったので、施設内は撮影はできませんでしたが、屋外にはプールのような露天風呂、室内には一般的な大浴槽をはじめ、薬草風呂、サウナ、ジェットバスなど、日本の温泉場と同じような施設があります。あ、ちなみに、水着で入るので男女混浴です。

 カラダもポカポカになり、長旅の疲れも取れてグッと元気になりました。いや~、この温泉があれば、ブダペストにも住めますね~。


 ミュンヘン→ロンドン行きの飛行機のスケジュールも迫っているため(第6回ドイツ編参照)、ドイツに戻らなければならないんですが、簡単なルートで考えたら、鉄道で一本。……でも、そのまま戻るのはつまらないので、何かほかの方法はないかな? 

 というわけで、次なる国は、オーストリアのザルツブルグです!

●関連リンク
T-Mobile 
トリップアドバイザー
Agoda
Hotels.com 
Booking.com 

『トリップアドバイザー:世界のレストランやホテルの口コミ&ランキング』
App Store価格:無料
(バージョンと価格は記事作成時のものです)
© 2011 TripAdvisor LLC

ダウンロードはコチラをクリック!

トリップアドバイザー™:世界のレストランやホテルの口コミ&ランキング - TripAdvisor LLC

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking