2011年11月01日12時04分

アックンのSony Tablet Pだらだらレビュー<3G通信編>【11/01追記】

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 買ったの。

 「何はさておき、まずは通信環境を構築すべし」と、アックン・オッペンハイマーは述べています。

Sony Tablet P(SGPT211JP/S)
SonyTabletP
↑一枚板のSに継いで、発売となったシェル型のP。3Gモデルのみとなっております。

 ドコモショップでも売ってますが、何かに縛られるのが大嫌いなオッペンハイマーさんは、大枚ポンッと出し購入ですよ、当然です。SIMカードはドコモのMVNOをいろいろと試しましたが、どれも問題ないっすね。気をつけるのはAPN設定の認証タイプで“PAP”(パパ! 遊ぼうよ! パパ!パパ、あたしパフパフしたいの by 桃栗さん)を選ぶことくらいかしらん。

データ専用SIMを試す
SonyTabletP
↑SIMロック解除はせず、ドコモのMVNOを試しました。日本通信の各種SIMカード、MiFiのSIMカードでAPN設定後、なんなく接続完了。

 ただ、データ通信専用SIMだと電波状態が表示されませぬ。これはiOS端末でも同じですが。とはいえ、アプリでサクッと解決できちゃうところが、Androidのいいトコロ☆

つながっていますが…
SonyTabletP
↑ステータスでは未接続になってます。そもそも3Gの電波状態が表示されてないことに気がつきましたよ。
アプリで解決
SonyTabletP
↑『3Gアンテナ表示』なる、ズバリその名の通りのアプリをインストールします。
無事電波状態を表示
SonyTabletP
↑インターネット未接続の表示はWiFiのことだったのかしらね。ちょと紛らわしい。

 3Gの接続も迅速ですし、無線LANとの切り替えもごくシームレス。ただ、b-mobile U300では、さすがに遅かったですし、Fairはアッと言う間になくなっちゃうと思います。私はMiFiのSIMを入れ、しばらく使ってみようと思います。

 さて、次回は<バッテリー編>を、と考えているのですが……。

バッテリーはそこそこ大容量
SonyTabletP
↑3080mAhといえば、平均的なスマホの倍以上。しかし、液晶も2枚なので、それなりに消費はしそうですが……。

 正直、現時点での印象ですが、ヒジョーに“もたない”のですね。「え、漏れてる!?」と疑うくらい。とーちゃん情けなくて涙出てくるくらい。

使用状況を見てみると……
SonyTabletP
↑どうもスリープしてない気がするんですね。もう少し調べてみますが……。

 まったく使ってなくてもガシガシ減っているので、これは間違いなく“何か”あるでしょう。本体もホッカホカだ(これからの季節にはいいが)。調べるとネットでも似た状況が多数報告されていますので(Account Managerがアヤシイ説)、さすがにこれはアップデートがあるものと信じ、ちょいと様子を見てみようかと思います。

【追記】11/01 12:40
『Account Manager』のアップデートが公開されました。結果は続編にて。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking