2011年09月08日15時02分

【IFA2011】2012年は4K2K、スマートTVが登場!? 最新テレビのトレンドを折原一也氏が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
【IFA2011】2012年は4K2K、スマートTVが来る!? 最新テレビのトレンドを折原一也氏が解説

 テレビ関連でIFAの目玉となったのが、かねてからうわさとなっていた、東芝の『グラスレス3Dレグザ』だ。

 3D機能は、薄型テレビを購入すると付いてくる標準機能として定着してきたが、それはあくまでもメガネ付きの3Dの話。
 グラスレス3Dレグザは文字どおり、裸眼による3D表示に対応。画面の前面に“レンチキラーレンズ”と呼ばれるシートを取り付け、9視差に対する画像を表示することで立体視が可能となる。

 欧州向けモデルは『REGZA ZL2』という名前で呼ばれており、欧州では年内に発売予定。価格は8000ユーロ(約87万円)を予定している。日本では2011年度内に発売予定という。

 もっとも、グラスレス3Dレグザの発売をきっかけに、各社が裸眼3Dテレビに流れるという動向はどうも見られそうもない。
 裸眼3Dのテクノロジーは東芝のノートPC『Qosmio』でもすでに採用されている。さらにIFAではソニーも『VAIO S』用のオプションとして製品を展示した。PC用には今後、普及しそうだが、テレビとしては、あくまでもパーソナルニーズにとどまるのではないだろうか。

【IFA2011】2012年は4K2K、スマートTVが来る!? 最新テレビのトレンドを折原一也氏が解説 【IFA2011】2012年は4K2K、スマートTVが来る!? 最新テレビのトレンドを折原一也氏が解説
↑カメラでユーザーの顔の位置を認識して液晶を制御する、東芝のPC向け裸眼3D技術。 ↑ソニーはVAIO S向けにあと付け可能な裸眼3D化パネルを発表。しくみはカメラの顔認識と同じ。欧州では120ユーロ(約1万3000円)程度で発売する予定だ。

 むしろ、テレビでの注目は、『REGZA ZL2』が搭載する“4K2K”対応液晶パネルのほうだ。
 4K2Kパネルとは3840×2160ドット(QFHD)の液晶パネルのこと。実にフルHDの4倍にもなる解像度のパネルを、レグザZL2は搭載している。

 現時点では4K2Kの動画のソースこそないものの、同社の“CEVOエンジン”による超解像技術でフルHDをアップコンバートできるので、地デジでも4K2K画質で視聴できてしまうのだ。

【IFA2011】2012年は4K2K、スマートTVが来る!? 最新テレビのトレンドを折原一也氏が解説 【IFA2011】2012年は4K2K、スマートTVが来る!? 最新テレビのトレンドを折原一也氏が解説
↑『REGZA ZL2』は3840×2160ドット解像度の4K2Kパネルを搭載。ちなみに裸眼3Dで観るときはフルHDクオリティーになる。 ↑2D視聴時は、フルHD映像を超解像技術で4K2Kサイズにアップコンバートする。

 ちなみに、IFAの会場デモではビクターによる4K2K対応ビデオカメラ(発売未定)の映像、さらにデジカメ写真による静止画デモが行なわれていて、圧倒的な高画質で視聴できた。
 まだまだソースの問題は残るものの、4K2Kは技術的なハードルよりコストがネックだっただけに、今後はなんとか手の届く価格になる可能性がある。

【IFA2011】2012年は4K2K、スマートTVが来る!? 最新テレビのトレンドを折原一也氏が解説
↑ビクターは、同社の画像処理エンジン“FALCONBRID”搭載の4K2Kカメラでデモを行なっていた。

  もうひとつ、まちがいなくトレンドと呼べるものが“スマートTV”だ。スマートTVという用語は元々はサムスンが使い始めた言葉だが、今では各社に定着しはじめている。
 何をもってスマートTVと呼ぶかは明確ではないが、とりあえず薄型テレビで、スマホのようにAppsと呼ばれるアプリを扱え、さらにTwitterなどのSNSに対応し、タブレットなどのデバイスと連動するもの、だといえるだろう。

 国内メーカーで最も積極的だったのはパナソニックだ。会場では“Smart VIERA”という名称でスマートTVを紹介。“VIERA Connect”を盛んにデモしていた。
 新開発の“VIERA Market”からアプリがダウンロードでき、VOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスへのアクセスや、Twitter・Facebookへも対応するというもの。クラウド型のサービスを特徴としており、ゲームもAppsとして購入できる。

【IFA2011】2012年は4K2K、スマートTVが来る!? 最新テレビのトレンドを折原一也氏が解説 【IFA2011】2012年は4K2K、スマートTVが来る!? 最新テレビのトレンドを折原一也氏が解説
↑“VIERA Connect”は同社が現在、欧米で展開中のIPTVサービス“VIERA Cast”の発展系にあたる。 ↑テレビを観ながら同じ画面でTwitterが使える。
【IFA2011】2012年は4K2K、スマートTVが来る!? 最新テレビのトレンドを折原一也氏が解説
↑“VIERA Market”では、Appsのほかに周辺機器も購入可能だ。

 ちなみに、Appsの先進国である韓国をみると、サムスンにはすでに登録Apps数が1000以上あり、500万ダウンロードを達成している。LGもAppsは好調だし、実際にテレビでの使い勝手も非常に良好。
 海外では韓国勢に遅れを取り始めた日本メーカーがどう対抗していくのか、今後の動向に要注目だ。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp