2011年09月01日10時05分

折りたたんでコンパクト! 2画面タブレット『Sony Tablet P』は3Gのみで登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ソニーは折りたためるタブレット端末『Sony Tablet P』を発表。1024×480ドットの5.5インチ液晶を2画面搭載することで、従来のタブレットとはひと味違った使い方ができる。

『Sony Tablet P』(SGPT211JP/S)
sonyp001

発売は10月~11月予定。Wifi+3Gモデルのみで、ドコモで販売。価格は未定。ソニーストア(オンライン、銀座・名古屋・大阪)でも販売を予定しているが、3G契約が別途必要になる。

<SPEC>
OS Andoroid 3.2
CPU Tegra2(1GHz)
通信機能 3G、802.11b/g無線LAN
ストレージ 4GB(microSDカード2GB付属)
画面 5.5インチ液晶(1024×480ドット)×2
カメラ 511万画素(インカメラ 30万画素)
インターフェース MicroUSB、ヘッドホン出力、microSDカードスロット
バッテリー駆動時間 約4.6時間(3G通信時)、約6.1時間(WiFi接続時)
本体サイズ 180(W)×158(D)×14(H)mm
重量 約372g

手のひらサイズで持ち運び
sonyp002
↑折りたたみ時のサイズは、180(W)×79(D)×26(H)mm。片手で持てる程のコンパクトさ。このサイズならズボンポケットに入れることもできる。
全画面表示でタッチ操作
sonyp003
↑上下合わせて1画面の全画面表示は、ウェブ閲覧などに向いている。ヒンジ部分の幅は狭いので、上下画面をタッチ操作しながら行き来するのもあまり気にならない。ただ、画像が上下画面に分かれるとほんの少し不自然な感じが……。
画面分割表示で、デスクに置いて操作
sonyp004
↑上にメーラー、下にソフトキーボードを表示。デスクに置いてノートPCふうに操作できる。音楽や動画再生アプリも再生画面と操作ボタンメニューを上下分割表示して使える。
文庫本のようにタテ画面表示も可
sonyp005
↑基本的にヨコ位置での画面表示になっているが、ソニーオリジナルアプリのメーラーやカレンダー、電子書籍アプリ『Reader』などはタテ画面表示が可能だ。
全画面か1画面表示を選択できる
sonyp006
↑ダウンロードしたアンドロイドアプリについては、画面右下の表示設定で全画面表示と1画面表示のどちらにするのかを選択できる。
“Favorites”ですべてのコンテンツを管理
sonyp007
↑ホーム画面にある“Favorites”で、動画や写真、音楽、ゲーム、電子ブック、ウェブお気に入りなどのコンテンツを一括管理。アプリを立ち上げてコンテンツを検索、選択するのではなく、好きなコンテンツにダイレクトにアクセスでき便利。
バッテリーは着脱式
sonyp008
↑3080mAh大容量バッテリーパックを採用。オプションとしてバッテリーを追加購入することができる。予想実売価格 7000円前後。
別売りオプションで着せ替えカバーを提供
sonyp009
↑本体カバーは簡単に取り外し可能。ブラック、ホワイトの着せ替えカバーを別売りオプションで用意している。擦り傷がつきにくい素材を使っているのが特徴だ。予想実売価格は各6000円前後。
キャリングポーチなどのアクセサリーも同時発売
sonyp010
↑コンパクトなPシリーズにピッタリなキャリングポーチ(4000円前後)やキャリングケース(1万円前後)もラインアップ。

『Sony Tablet』シリーズについては、製品発表会レポートや実機ベンチマークなど、引き続き濃厚にレポートしていきます!

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!