2011年05月31日21時55分

WWDCにはスティーブ・ジョブズが登壇! 新サービス『iCloud』を披露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
アップルWWDCなど

 アップルが6月6日から開催されるWWDCで新クラウドサービス『iCloud』を披露すると発表。WWDCは、米国西部時間6月6日(月)午前10時(日本時間6月7日(火)午前2時)からジョブズCEOらの基調講演で開幕します!

 以下、リリース本文です。

(米国報道発表資料抄訳 2011年5月31日)
Apple、6月6日(月)の基調講演で次世代のソフトウェアを発表
2011年5月31日、カリフォルニア州クパティーノ、Apple恒例のワールドワイドデベロッパカンファレンス(世界開発者会議、以下WWDC)は、米国西部時間6月6日(月)午前10時から、CEO(最高経営責任者)スティーブ・ジョブズとAppleのエグゼクティブによる基調講演で開幕します。基調講演では、Appleの次世代ソフトウエア「Mac OS X(マックオーエステン)」の8番目のメジャーリリースとなるLion(ライオン)、およびiPad、iPhone、iPod touchを動かすAppleの先進のモバイルオペレーティングシステムの次世代バージョン「iOS 5(アイオーエスファイブ)」、そして近くAppleが提供を開始するクラウドサービスである「iCloud」が披露されます。
WWDCでは、Appleのエンジニアによる100以上のテクニカルセッションが用意
されています。
Macのソフトウエア開発者は、Mac OS X Lionの最新のテクノロジーと機能を使った、ワールドクラスのMac OS X Lionアプリケーションの開発方法を目で見て学ぶことができます。モバイルデバイス用のソフトウェア開発者は、iOS の最新の技術革新と機能を探究し、自分たちが作るアプリケーションの機能性、性能そしてデザインを大幅に強化する方法を学ぶことができます。すべての開発者はそれぞれのコードをラボに持ち込んで、Appleのエンジニアと一緒に作業をすることができます。
詳しくは、Apple世界開発者会議2011のウェブサイト(developer.apple.com/wwdc )をご覧ください。

 『iCloud』の詳細がさっぱりわかりませんが、現在提供している『MobileMe』とどう違うのか、新しいMac OS X LionやiPhone、iPadとの連携がどのようになるのか非常に気になるところです。

 WWDCについては週刊アスキー本誌と週アスPLUSでもがっつり特集しますので、お楽しみに!

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!