2011年05月16日19時01分

世界最小のWindows7ケータイ『F-07C』最速実機動画!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
手のひらサイズのWin7マシン
F-07C

 『Windows7ケータイ F-07C』はフル機能のWindows7を搭載した端末。iモードとWindows7を切り替えて使用することができる。今回ドコモから発表された端末で、週アス編集部員がもっとも注目している端末でもある。

 まずは本日発表会で撮影した動画で、ポインターの操作感、キー入力スピード、ブラウザーのスクロール速度などを確認してほしい。

意外なほどのキビキビ動作は必見!

機材協力●キヤノン『iVIS HF S11』、マウスコンピューター『MDV-ADS7400S-WS

 サイズは約61(W)×19.8(D)×125(H)ミリ、重量は約218グラム。たしかに通常のスマートフォンよりサイズ感はあるが、フル機能のPCと考えれば、驚くべき集積技術だ。

前面 背面
F-07C F-07C
上面 底面
F-07C F-07C
右側面 左側面
F-07C F-07C

 右側面にある“Windowsマーク”が印字されたボタンで、iモードとWindows7を切り替える。どのくらいの速度で切り替えられるかは、上に掲載した動画で確認してほしい。

意外に打ちやすいキー 白いキーは左クリック 右クリックを兼ねるポインター
F-07C F-07C F-07C

 もっとも気になるのがキーボードとポインターの使い勝手だろう。発表会場で触った第一印象としては、キーボードもポインターも見た目より打ちやすいというもの。なお、画面サイズに対して解像度が高すぎるため、ディスプレー上のアイコンやボタンなどをタッチするのは非常に困難だ。基本的にキーボードとポインターで操作する端末と考えたほうがいい。

SSDは32GB
F-07C

 SSDの容量は32GBだが、リカバリー領域が占有しているため、実際に使える容量は約21.6GBとなる。試作機ではさらにOSやプリインストールソフトが約11.1GBを専有しており、空き容量は10.4GBだった。ゲームなどを複数インストールするなら、32GBのmicroSDHCカードなどの利用を検討しよう。

SPEC
OSWindows 7 Home Premium 32ビット 正規版
CPUインテルAtom Z600(1.20GHz)※動作クロックは50%
ディスプレー約4インチ(600×1024ドット)
カメラ約510万画素(インカメラ約32万画素)
サイズ/重量約61(W)×19.8(D)×125(H)ミリ/約218グラム

 

コメント/フル機能のWindows7が動くのがとにかく魅力的。1024×600ドットの解像度は十分すぎるぐらい。4インチでこれ以上の解像度はいらない。キーボード、ポインターが小さいが、キータッチは絶妙で、慣れで対応できるレベル。Windows7モードの連続バッテリー動作時間が約2時間と、実用的ではないかもしれないが、一番物欲が刺激される端末だ。

Windows7ケータイ F-07C
メーカー:富士通東芝
キャリア:NTTドコモ
発売日:6~7月予定
予想実売価格:7万円台
製品公式サイト

 

 そのほか夏の最新スマートフォン情報はこちらのまとめから↓

人気Android端末からBlackBerryまで
最新スマートフォンまとめ:キャリア夏モデルのすべて

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!