2011年05月14日00時10分

超豪華なリゾート地、済州島で今年の注目PCゲームを発表!ハンゲーム『EX2011』開催!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ex2011

アニョハセヨ(こんにちは)! ということで、ジサトラPCゲーム部アキラが韓国済州島にきております。
PCゲームと自作PCは切っても切れない関係。どんなゲームが遊べるようになるのか、気になって来ちゃいましたよ!

ex2011

会場の済州新羅ホテル。高級リゾートホテルで開催するという、ハンゲームの本気度がわかります。

ハンゲームは『ドラゴンネスト』や『エルソード』といったオンラインアクションゲームや、ソーシャルサービスが日本でも人気で知っている人も多いのではないでしょうか? 今年夏サービス開始予定の大作MMORPG『TERA』に注目している人もいますよね!

韓国NHN HANGAMEからは鄭旭代表、日本からはNHN JAPAN森川亮社長が登壇しました。

ex2011

これが第3回目となる『EX2011』は、ディベロッパーやパートナー、コアユーザーに向けて、今後どういったゲームを扱っているのか紹介するイベントですが、今年は日本と韓国が共同で開催しました。今まで以上に日韓の連携を強め、よい作品をお互いに提供していこうという狙いがあるようです。
ユーザーにとっても魅力的なゲームを遊べる可能性が高くなりそうです。

ex2011

それでは、さっそく注目タイトルを見ていきましょう。

●ACHERON(アケロン)

ex2011

個人的に一番気になったのはこれ。
“集団戦略型MMORPG”と銘打たれており、単にクエストをこなすだけではない、ひと味違ったMMORPGになりそう。
また魔法と機械が混在するという世界観がなんともそそります。
“空中都市”と呼ばれるエリアを巡っての大規模集団戦(RvR)などが用意してあり、コンテンツも豊富そう。
また、Unreal Engine 3.0を採用しているので、グラフィックまわりのこだわりも感じますね。

ex2011
ex2011

●KRITIKA(クリティカ)

ex2011

こちらは『ルニア戦記』という日本でも登場したゲームの開発元が手がけたタイトル。3DのアクションMORPGで、アニメっぽいグラフィックで、アクの強いキャラクターがオーバーなアクションで駆け回るのが楽しいところ。演出重視でド派手だけど、負荷は軽いので、低年齢層を中心に人気がでるでしょう。

ex2011
ex2011

●Fighters Club(ファイターズクラブ)

ex2011

“格闘RPG”というジャンルで、『鉄拳』や『バーチャファイター』などのような、素手で戦う格闘ゲームをオンライン化し、なおかつ既存のMORPGのようなコミュニケーション要素を取り入れた作品。
パーティーを組んで楽しむもよし、一対一(PvP)で腕を磨くもよし。
とくに、400以上のモーションを取り入れたキャラクターの動きと打撃感で迫力がありそう。

ex2011

●プロ野球ザ・ファン

ex2011

野球が人気の韓国ならでは、というゲームですね。いわゆる野球ゲームなのですが、おもしろいのは選手データが実際の試合と連動するところ。つまり、前日現実に行なわれた試合の結果(ホームランを打ったなど)を受けて、ゲーム内のステータスが変わるというところ。
勝手なイメージですが、野球ファンはデータもよく調べている気がしますし、何より日本でも主力スポーツの野球なので遊びたい人は多そう。
 

ex2011

●Project R1(プロジェクト R1)

ex2011

詳細がまだわかりませんが、2DのアクションRPGだそうです。実はこのゲーム、あの大ヒットした『ラグナロク』を手がけた開発者が関わっているとのこと。当イベントでも鄭、森川両氏を交えて契約セレモニーを行なうなど、力の入れようが伺えます。

ex2011

●EOS:End of Soul(エオス)

ex2011

こちらもデモが行なわれず、内容は不明ですが、TERAを要するハンゲームが「切り札」とよぶ存在。この名前は覚えておいた方が良さそうですね。

ex2011

それぞれのゲーム開発会社が一同に介する光景も、多数のタイトルを扱うハンゲームならではです。

さて、明日14日はいよいよ日本向けタイトルの情報について発表される予定。
あのビッグタイトルの最新動向がわかるかも?

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!