2011年05月16日12時16分

待望の防水化で最強全部入り!ドコモ『MEDIAS WP N-06C』(NECカシオ製)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
『MEDIAS WP N-06C』
20110517yamagu_MEDIAS_01.jpg
予想実売価格 2万円台後半 6〜7月発売予定

 最薄部が7.7ミリの世界最薄スマホ『MEDIAS』に待望の防水モデルが登場! 800MHzだったCPUは1GHzに高速化し、通信速度も下り最大14Mbps対応。夏モデルからアンドロイド7機種がテザリングにも対応し、3Dを除くほぼ全機能入り。カラーもシャンパンゴールドとピンク、アマダナとコラボしたブラウンと個性的。夏モデルスマホ全10機種中で1、2を争う“買い”モデルだ。

上面 下面
20110517yamagu_MEDIAS_03.jpg 20110517yamagu_MEDIAS_04.jpg
左側面 右側面
20110517yamagu_MEDIAS_05.jpg 20110517yamagu_MEDIAS_06.jpg
“アマダナブラウン”はMEDIASロゴが背面 アマダナのロゴがオサレ ブラウンは本革ケースが付属
20110517yamagu_MEDIAS_02.jpg 20110517yamagu_MEDIAS_07.jpg 20110517yamagu_MEDIAS_08.jpg
他のカラーでは前面タッチキー下にMEDIASロゴがあるが、アマダナブラウンはそこに“amadana”のロゴが入っている。 他の2色より5000円程度高い見込み。本体周囲の金属フレームもアマダナブラウンはシックな色あいだ。 アマダナ特製ケースが付属する。右下に凹凸のみのアマダナロゴ入り。

 外観は現行モデルと近いが、防水機構を持たせるために物理キーがタッチキーになった。厚さは最薄部が7.9ミリと0.2ミリ増しただけ。手に持った感じの印象はまったく変わらなかった。 

 バッテリー容量は変わらず1230mAh。ただし、現行MEDIASはYouTube動画再生のバッテリーベンチで1500mAhのXperia arcに勝る結果を出している。省電力チップ搭載に加え、省電力性能の高い最新OSの搭載により、現行モデル以上の長時間駆動が期待できる。

物理キーがタッチキーに変更 音量ボタンが背面で押しやすい
20110517yamagu_MEDIAS_09.jpg 20110517yamagu_MEDIAS_10.jpg
現行のMEDIASではボタンが下端ギリギリでやや押しづらいとの声があった。MEDIAS WPでは防水機構のためにタッチキーに。位置も上に移動した。 意外な位置にある音量調整ボタンだが、通話しながら音量を上げるのに便利。MEDIASは極薄のため、ちょうどこの位置を人差し指で支えるような持ち方をすることも多く、理にかなった配置だ。
充電クレードルが付属
20110517yamagu_MEDIAS_11.jpg
端子カバーを開けずに充電できるスタンドが同梱。クレードルに置いて充電できるのは、これまでREGZA Phone T-01Cだけの大きなメリットだった。横置きも可能。

 ソフト面では、夏モデルから一部の機種向けにドコモが用意するホームアプリも標準搭載。増え続けるアプリアイコンをジャンル分けしたい人にはオススメ。ただ、MEDIAS独自のホームアプリも捨てがたい。アプリ一覧とタブ切り替えでウィジェット一覧を表示でき、ウィジェットのデザインやサイズを確認してからホームに貼れるのは他の機種にない魅力だ。

ドコモが用意するホームアプリも
20110517yamagu_MEDIAS_12.jpg
ケータイから移行したユーザーにも違和感がなく使えるホームアプリをプリイン。ジャンルごとに分類できる。切り替えは、アプリ一覧内の“ホーム画面切り替え”から。
“タップサーチ”が進化 歩数計機能も搭載
20110517yamagu_MEDIAS_13.jpg 20110517yamagu_MEDIAS_14.jpg
ブラウザー上でわからない言葉をタッチして検索できるタップサーチも引き続き搭載。新たにカタカナの検索ができるようになった。 スマートフォンでは搭載が少ない歩数計機能もしっかりカバー。
テザリング対応でより最強に!
20110517yamagu_MEDIAS_15.jpg
現行MEDIASユーザーがうらやむ、大きな違いのうちのひとつ。
日々のライフログを付けられるオリジナルアプリ“Days”がおもしろい
20110517yamagu_MEDIAS_16.jpg
その日の行動を雑誌ふうにまとめるオリジナルアプリ。通話相手、メモ内容、カレンダーの予定、撮った写真から自動生成。ツイッターやmixiへの自分の投稿も表示。
トレンド情報を表示する“Topics”も
20110517_MEDIAS WP
Daysと同じく雑誌ふうデザインのアプリ。ツイッターを分析にして話題のニュースやキーワードをピックアップする。表紙画面で“ワールド”を選べば世界の話題を、“フレンド”を選べば自分がフォローしている人たちの話題についていける。
搭載機能
MEDIAS WP N-06C
SPEC
OSAndroid2.3
CPU非公開(1GHz)
ディスプレー約4インチ(480×854ドット)
カメラ510万画素
サイズ/重量約64×7.9×128ミリ/約135グラム

コメント/『REGZA Phone T-01C』で防水とクレードル充電の便利さから離れられなくなってしまったワタシとしては、全モデル中で最有力買い換え候補。え? 月々サポート? これだけ魅力的な機種を前に、そんなもの気にしていられません。しかも、スマホ女子的に待ち望んでいたピンク。欲を言うなら、サイドの金属フレームがシルバーじゃなくてピンクゴールドとかもう少しピンクとなじんだ色だったらよかったなぁと思ったりします。でも、上品な色味のピンクは、どことなく初の折りたたみケータイ『N502i』のチェリーブロッサムを思い出したり…。
ってなわけで買います!

MEDIAS WP N-06C
メーカー:NECカシオ
キャリア:NTTドコモ
発売日:6~7月上旬予定
新規価格:2万円台後半
製品公式サイト

 

 そのほか夏の最新スマートフォン情報はこちらのまとめから↓

人気Android端末からBlackBerryまで
最新スマートフォンまとめ:キャリア夏モデルのすべて

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking