2011年05月10日16時45分

【ロングインタビュー】砂原良徳氏にニューアルバム『liminal』について伺いました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 砂原良徳氏が先日、10年ぶりとなるニューアルバムをついにリリース! 週刊アスキーでは砂原氏にインタビューを敢行。制作秘話をたっぷり伺いました。なお、今週発売号の『週刊アスキー』には砂原氏の愛用品とプレイリストも掲載中です。あわせてチェックしてみてください!

2011 0510 Y.Sunahara photo

現実を前提として音楽を

――10年ぶりのオルジナルアルバムがついに発表となりました。

砂原 前作『LOVEBEAT』が出たときは「この先どうなるんだ?」と思っていたので、本当によくできあがったなと。10年かかって何をやっているんだ! という声もあるとは思いますけどね。

――この10年で砂原さんご自身のまわりの環境も変化したと思いますが。

砂原 それは変わったと思いますね。ネットワークがこれだけつながって、そのひとつとして音楽産業もかなり変化しましたし……変わらないのは週刊アスキーくらいだと思ってます。

――ありがとうございます(笑)。今回のアルバム、制作はどのように?

砂原 今回は自分で感じた世の中の雰囲気を、割とそのままアウトプットするような曲が多いですね。ああしたい、こうしたいと考えるよりも、そのままプリントアウトしたような。CDにするにあたっての成分表示もないから説明できないし、言語化することが難しい。でも何から何まで説明できることを自分がやることに意味があるのか?とも思うんです。音楽は具体的な部分もあるけれど、そうじゃない部分があるからおもしろいともいえるので。だから本当に“今”を描いたってことですね。

――どちらかというとシリアスな1枚ですよね。

砂原 基本的にはシリアスですね。前作もそんなに明るいアルバムではなかったけれど。今回も暗めで、決して明るくはないですね。制作中はどちかというと明るいなと思ったら暗くしようと考えていましたね。和音を弾くときも変な音で濁らせて“怪しい”とか“わからない”というような感覚を色づけしてました。

――それを意識したのはなぜ?

砂原 この先の世の中がわからないからですね。本当に想像がつかないなって。何がどうなるか自分でもわからないし。
 

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp