2011年03月06日21時00分

【Androidアプリ】起動中のアプリまで管理できる「バッテリー管理」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

作者名:nhp.local.t
価格:無料
カテゴリ名:ツール
バージョン:1.5.2
作者サイトURL:https://sites.google.com/site/nhplocal/home/batterymanager

「バッテリー管理」はバッテリー状態がわかるウィジェットです。

起動中のアプリまで管理できる「バッテリー管理」

アプリやネット、音楽などAndroid端末の楽しみ方はいろいろ。でも、その分悩ましいのがバッテリーの消費。気が付くと、バッテリーがあと少ししか残っていないということもありますよね。電話やメールなど、使いたい時に使えなくなってしまっては元も子もないので、Androidユーザーにとってバッテリーの管理は必須! これまでにも「バッテリーモニタ」や、ちょっと変わったところで「風呂ねこ」などのバッテリーをご紹介してきました。

今回ご紹介する「バッテリー管理」は、バッテリーの充電状態やGPS、WiFiのオン・オフなどバッテリーの管理に必要な基本的な機能のほか、起動中のアプリの管理など、バッテリーの節約に役立つ機能も備えたウィジェットです。ウィジェットには、視覚的にすぐにバッテリー残量がわかるアイコンと数値での表記、起動中のアプリ数が表示されます。

起動中のアプリまで管理できる「バッテリー管理」

「バッテリー管理」はウィジェットなので、まずはホーム画面を長押ししてウィジェットの設定を行います。

起動中のアプリまで管理できる「バッテリー管理」

続いて「バッテリー管理」をタップすれば、ホーム画面に最初にご紹介したウィジェットが設置されます。

起動中のアプリまで管理できる「バッテリー管理」

ウィジェットをタップすると、アプリが起動します。残量や充電の状態などバッテリーの情報をはじめ、バッテリーが減少してしまう要因となる起動中のアプリやBluetooth、GPS、Wi-Fiの状態などが表示されます。なお、Bluetooth、GPS、Wi-Fiは、こちらの画面からオン・オフの切り替えも可能です。

起動中のアプリまで管理できる「バッテリー管理」

先ほどの画面で、「アプリケーション」欄の「表示」ボタンをタップすると、現在起動中のアプリケーションがこのように一覧表示されます。不要なアプリケーションがあれば、チェックを入れ、「選択アプリケーション終了」ボタンをタップします。

起動中のアプリまで管理できる「バッテリー管理」

また、画面の明るさを調整することも可能。起動画面で「画面の明るさ」欄の「表示」ボタンをタップすると、端末内の「音と表示の設定」画面が開きます。

起動中のアプリまで管理できる「バッテリー管理」

また、メニューボタンからアプリの各種設定が行えます。

起動中のアプリまで管理できる「バッテリー管理」

「通知設定」では、バッテリー残量をステータスバーや通知領域へ通知する設定ができます。通知の有無はもちろん、常駐か定期的な通知かを選べ、定期的な通知の場合には、通知する間隔や通知時のバイブレーション、LEDの使用などの設定も行えます。

起動中のアプリまで管理できる「バッテリー管理」

通知領域には、このようにバッテリー残量や起動中のアプリ数が表示されます。

起動中のアプリまで管理できる「バッテリー管理」

また、メニューボタンから「色設定」をタップすると、アプリやウィジェットの色設定も可能。

起動中のアプリまで管理できる「バッテリー管理」

設定が行えるのは、アプリの起動画面となる「メイン情報画面」と「ウィジェット」の両方です。

起動中のアプリまで管理できる「バッテリー管理」

残量を表示するモードも、3種類から選択ができます。このほか、バッテリー残量の領域色やバッテリー情報の文字色と、文字影色をスライドバーを使って好みの色に設定します。

起動中のアプリまで管理できる「バッテリー管理」

このほか、「グラフ」からは、バッテリー残量の遷移をグラフで見られます。

アプリを終了させることを忘れたままにしておくことも多々…。もちろん、バッテリーも減ってしまいます。起動させているアプリが一覧で表示され、さらに不要なものは終了することもできるので、Bluetooth、GPS、Wi-Fiや画面の明るさなどと共に、バッテリーを消耗しやすい機能を一括管理できて便利です。バッテリー管理のアプリの選択で悩んでいる人なら、ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking