2011年02月27日20時00分

【Androidアプリ】エフェクトとフレームの宝石箱みたいなカメラ『Vignette』

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

vignette

『Vignette (new version)』
バージョン:2011.02.24.2
Android Market価格:約400円
(バージョンと価格は記事掲載時のものです)

 多機能をウリにするカメラアプリは多いが、この『Vignette』はちょっと盛り込み過ぎ!? なんと“Toy camera”や“Sepia”といったエフェクトを68種類、パノラマや5:4、楕円形などのフレームを56種類も用意している。カスタマイズや組み合わせが可能で、1日1個のエフェクトを試したとしても2ヵ月以上かかるって、どういうことなの……!

vignette

 アプリ起動後“☆”ボタンのタップでエフェクトを設定できる。エフェクトの設定は撮影後でももちろん可能。そのほか画質の設定や、カメラのアイコンでは露出やホワイトバランスなども変更可能。

vignette

 エフェクトとフレームの設定画面。設定したエフェクトとフレームの組み合わせは、この画面で“Add to favourites”を押すと保存しておける。アプリ名にもなっている“Vignette”はフレームの中央で焦点が集中するようなエフェクト。“Portra”は人物写真向き、“Velvia”は彩度高めの鮮烈な色味に、“Ilford”はクラシカルなモノクロ写真になる。

vignette vignette

 エフェクトやフレームのメニューがずらり。下の方はカテゴリーでツリー状になっているので、タップするとさらに項目を選べるようになる。

 以下はいくつか組み合わせて作成してみた例。

【vignette+Extra vignette+35mm】
vignette
【Toy camera+Instant transfer2】
vignette
【Portra(Soft-focus halo)+5:4 black rounded】
vignette

 豊富なエフェクトの設定で、写真を思うがままに変えてしまおう。ただし、あまりにエフェクトとフレームの数が多過ぎて、最初はどれがどんな効果があるのか覚えにくい。勝手にエフェクトとフレームを適用してもらう遊び方もあるので、迷ったらランダム設定で楽しんでみるのもいいだろう。

スマホの”神カメラアプリ”を教えて下さい!
写真・動画撮影、加工、保存機能を備えたiPhone&Androidカメラアプリを3月上旬まで連続レビュー中! 週アスの公式ツイッター【 @weeklyascii 】をフォローし、ハッシュタグ【 #wamcam 】を付け、みなさんが「これぞ神カメラアプリ!」と思うものを投稿して下さい。人気のあったアプリは、週刊アスキー4月19日号の特集記事でご紹介します! 抽選でプレゼントもあります(詳しくはコチラ)。

投稿例
@weeklyascii ほげほげが神。無料だし動画から静止画の切り出しができるから #wamcam

『Vignette (new version)』
Android Market価格:約400円
(価格は記事掲載時のものです)
(c) NEILANDTHERESA
ダウンロードはコチラをクリック

vignette

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking