2010年09月17日12時00分

もしかして故障!? そんな時に試せる「サポセン前の問診票」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

作者名:横山製作所
価格:無料
カテゴリ名:ツール
バージョン:1.3.0
作者サイトURL:http://www.ievolution.jp/?q=node/6

「サポセン前の問診票」は、「もしかしてAndroid端末が壊れた?」という時、サポートセンターに電話をかける前にデバイスの各センサーが機能しているかを試せるアプリです。

もしかして故障!? そんな時に試せる「サポセン前の問診票」

サポートセンターに電話をかけても延々と待たされたり、たらいまわしにされた割には、壊れていなかったり、実はさほどのことではなかったりすることってありますよね。「サポセン前の問診票」を使えば、それがデバイスの異常なのか、アプリケーションの異常なのか、原因の切り分けをすることができます。

アプリを起動すると表示されるのが、この画面です。XPERIAには「温度センサー」が付いていないため、「温度センサーテスト」が使用できませんでしたが、それ以外のテストは行うことができます。

以下、いくつかの項目を見ていきましょう。

もしかして故障!? そんな時に試せる「サポセン前の問診票」

「加速度センサーテスト」の画面です。端末を動かすと数値が変化すれば、それがきちんと動作していることがわかります。

もしかして故障!? そんな時に試せる「サポセン前の問診票」

「方角センサーテスト」の画面です。こちらも、本体をさまざまな方角や角度に向けると、数値が変わっていきます。確認後、バックキーでメイン画面に戻ります。

もしかして故障!? そんな時に試せる「サポセン前の問診票」

「バイブレーション確認」では、「バイブレーション開始」というボタンをタップすると、本体のバイブレーションが作動します。

もしかして故障!? そんな時に試せる「サポセン前の問診票」

「電源テスト」の画面です。電源に関するさまざまな情報が表示されました。電源残量もバッテリー・アイコンではなく、数値でわかる方がイメージしやすいのは私だけでしょうか?

もしかして故障!? そんな時に試せる「サポセン前の問診票」

そのほか、「電源テスト」や「カメラテスト」など、端末に搭載されているさまざまなデバイスの動作が確認できます。

もしかして故障!? そんな時に試せる「サポセン前の問診票」

こちらは、「センサー一覧」の画面です。ナビゲーション用に使う電子コンパスをはじめ、XPERIAに内臓されているセンサーの型番が一覧で表示されています。なかなか目にする機会がない情報で、興味深いです。なお、有料版の「サポセン前の問診票 Pro」(298円)では、これらのテストに加えて、「光センサーテスト」や「近接センサーテスト」「SIMカード情報表示」もできます。

端末の動作がちょっとおかしいなと感じたら、事前に確かめてみるとよさそうです。ちょっぴりメカに弱い私のような人間にとっては、サポートセンターに電話をするほどのことなのかの基準になって、ありがたいですね。

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking