2011年02月18日17時00分

MWC2011:忘れちゃいけないZTE! スマートフォンに本腰を入れてきました!! ハイエンドスマホSkate 4.3も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

バルセロナで開催されるモバイルの祭典Mobile World Congressを最速レポ
週アスPLUS:MWC 2011 最強特集

 ZTEといえば日本ではモデム、海外ではプリペイド用の安価な端末を多く出していますが、実はスマートフォンのラインナップも着々と増やしています。ソフトバンクから発売されたLibero 003ZもZTE製のスマートフォン。Mobile World Congress 2011のZTEブースでも、展示の中心はスマートフォンとタブレット。世界シェアを着々とあげているZTEもスマホ戦線に本格参入を始めています。

MWC2011:ZTE:スマートフォンに本腰を入れてきました
↑ZTEのブース。

 ブース内の入り口に誇らしげに展示してあったのは4.3インチの大型ディスプレーを搭載した『Skate 4.3』。今回の展示会に合わせて発表されたモデルです。名前の通りディスプレーサイズは4.3インチで、解像度は480×800ドットと大手メーカーのハイエンドモデルに並ぶスペック。展示品はまだ開発中とのことでした。価格はおそらく大手メーカー品よりも安くなるでしょうから楽しみです。

MWC2011:ZTE:スマートフォンに本腰を入れてきました
↑ZTEからも出てきたハイエンドスマホ、Skate 4.3。
MWC2011:ZTE:スマートフォンに本腰を入れてきました
↑カメラは5メガピクセル。

 すでに発表済みのAndroidスマートフォンも10機種弱展示されていました。Libero 003Zの類似モデルや防水、カジュアルで安価なモデルなど、ZTEもいろいろなスマートフォンのバリエーションをそろえてきました。

MWC2011:ZTE:スマートフォンに本腰を入れてきました
↑Libero 003Zの同系モデルであるBlade。
MWC2011:ZTE:スマートフォンに本腰を入れてきました
↑Rugged Bladeは防水仕様。実機ではなくモックアップでの展示でした。
MWC2011:ZTE:スマートフォンに本腰を入れてきました
↑小型サイズのRacer。

 タブレット製品も数機種展示。発売中の7インチタブレットV9や、開発中の10インチタブレットV11を展示していました。ZTEのスマートフォンやタブレットも、近いうちに日本で売られるようになるかも知れませんね。大手メーカーばかりでなく、ZTEも要チェックですよ!

MWC2011:ZTE:スマートフォンに本腰を入れてきました
↑ZTEのタブレットも複数機種が展開されています。
MWC2011:ZTE:スマートフォンに本腰を入れてきました
↑7インチのV9。HSDPA速度が倍増したV9+も展示されていました。
MWC2011:ZTE:スマートフォンに本腰を入れてきました
↑10インチのV11はザンネンながらモックアップでした。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!