2011年02月17日09時00分

MWC2011:クアッドコアになる次世代Tegra『Kal-El』を実機デモ - ハイスペックなタブレット製品を牽引するNVIDIAブース

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

バルセロナで開催されるモバイルの祭典Mobile World Congressを最速レポ
週アスPLUS:MWC 2011 最強特集

 NVIDIAは15日(現地時間)、MWC 2011でモバイル製品向けプロセッサ『Tegra』の次世代製品となるKal-El(開発コードネーム)を公開、サンプル機によるデモンストレーションを行った。さらにKal-El以降のロードマップと開発コードネームも明らかにしている。同社のロードマップによると2014年登場予定の製品では、現行Tegra2の100倍に近づくパフォーマンスを実現するとしている。製品のリニューアルは一年ごとに行われる見込みで、2011年のKal-El以降も2012年のWAYNE、2013年のLOGAN、2014年のSTARKと続く。

次世代Tegra『Kal-El』を実機デモ:NVIDIAブース
次世代のTegra、PROJECT KAL-ELの概要。NVIDIAによると、世界初のモバイル製品向けクアッドコアプロセッサとなり、最大2560×1600の解像度にも対応する。

 次世代Tegra『Kal-El(開発コードネーム)』はモバイル製品向けのクアッドコアプロセッサ。今回はクアッドコアのテクノロジー発表だけにとどまらず、すでに稼働するサンプルを使ってのデモンストレーションが行われたのが大きなサプライズになった。同日付でメーカー向けにはサンプル出荷を開始しており、2011年8月にもこの次世代Tegra『Kal-El』を搭載したタブレット製品が、クリスマスシーズンとなる12月にはスマートフォン製品が、それぞれ発売される見込みだという。

 発表は現地時間15日夜になって行われたため、ブースでの実機を使ったデモンストレーションは16日の朝から展示ホールのNVIDIAブースで行われている。NVIDIAでTegraに関連する事業を統括するモバイル事業担当ジェネラルマネージャー、マイケル・レイフィールド氏によれば、Kal-Elは40nmのプロセスルールで製造される。画面表示能力としては解像度2560×1600、3D立体視にも対応するとのことだ。

次世代Tegra『Kal-El』を実機デモ:NVIDIAブース
Kal-Elを搭載するタブレット製品のサンプル。実際に稼働していて、画面下にあるプロセッサの稼働状況を示す4つのコアのグラフがアプリケーションの負荷に応じて変化しているのがわかる。
次世代Tegra『Kal-El』を実機デモ:NVIDIAブース
ゲームのデモンストレーション。PlayStation3やXbox360向けに販売されているWar Drum Studiosによる『Great Battles』をテーマに、最大650人の兵士がタブレットの画面上で動いている。
次世代Tegra『Kal-El』を実機デモ:NVIDIAブース
Coremark1.0により、その場でサンプル機を使ってベンチマークをした結果。参考値として表示されている現行製品Tegra2を上回るのはもちろんのこと、PC向けとしては前世代にあたるインテルCPUのCore2Duo(T7200)をも上回る結果を見せている。
次世代Tegra『Kal-El』を実機デモ:NVIDIAブース
NVIDIAが公開した次世代Tegraのロードマップ。クアッドコアのKal-Elは同日付でサンプル出荷を開始した。2011年8月にも同製品を搭載するタブレットが登場する。
次世代Tegra『Kal-El』を実機デモ:NVIDIAブース
次世代Tegraのデモを行った、NVIDIAでTegraに関する事業を統括するモバイル事業担当ジェネラルマネージャー、マイケル・レイフィールド(Michael Rayfield)氏。

  次世代Tegra『kal-El』のデモンストレーションもビッグニュースだが、現行製品の展示も充実している。1月に開催されたInternational CES、そして今回のMWC 2011と相次いでタブレット製品が発表されているが、CESにおけるMotorolaの『XOOM』、13日発表のSamsung『Galaxy Tab 10.1』、14日発表のLGエレクトロニクス『Optimus Pad』のいずれもがNVIDIAのTegra2を搭載している。スマートフォンのAtrix 4GやOptimus 2Xも含めて、ハイパフォーマンス向けの製品ラインナップを牽引しているのがTegra2だ。NVIDIAのブースにはそういった各社の製品が一堂に集められ、デモンストレーションが行われていた。

次世代Tegra『Kal-El』を実機デモ:NVIDIAブース
ホール1に位置するNVIDIAのブース。最新のOptimus PadやMotorola XOOMなどが展示されている。
次世代Tegra『Kal-El』を実機デモ:NVIDIAブース
PC、PlayStation3、そしてTegra2搭載のXOOM、異なる3つのプラットフォームでマルチプレイできるゲームをデモンストレーション。
次世代Tegra『Kal-El』を実機デモ:NVIDIAブース
Tegra2搭載のスマートフォンAtrix 4Gから、HDMI出力でフルHD映像を大画面モニタに映しだしている様子。
次世代Tegra『Kal-El』を実機デモ:NVIDIAブース 次世代Tegra『Kal-El』を実機デモ:NVIDIAブース

 Atrix 4Gは前出のドックのほか、ノートブック型ドックも展示されていた

次世代Tegra『Kal-El』を実機デモ:NVIDIAブース
International CES 2011で公開された東芝製のタブレット。この製品もTegra2を搭載している。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking