2011年02月15日09時00分

360度写真がぐりぐり動く! 撮影ツール『フォトシミリ』でカオスフィギュアを撮ってみた!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

機材協力●キヤノン『iVIS HF S11』、ソニー『VAIO Fシリーズ

■動画の内容
0:05 製品紹介
0:25 『フォトシミリ』撮影前の設定
2:00 フィギュア360度撮影(早回し)
2:18 撮影後の画像処理
4:30 360度写真完成!

 みなさん、コレクションしているフィギュアの管理どうしてますか? 増え続ける完成品と捨てられない箱。部屋に積もっていませんか? そんなホビーコレクターたちに提案するのが、コレクションのフィギュアやプラモを360度写真を撮影し、ぐりぐり動く360度アニメにしちゃおう! というもの。

 今回は、アポロクリエイトのライトボックス『フォトシミリ』とターンテーブル『フォトキャプチャ』を使って、フィギュアを撮影してみました!

フォトシミリ フォトキャプチャ360
フォトシミリシリーズ フォトシミリシリーズ
『フォトシミリ100』
24万9900円~

被写体に均等に光があたるよう設計された、物撮りに適したコンパクトな撮影スタジオ。USB接続でPCに接続し、カメラ設定から画像処理までを行なえる。
『フォトキャプチャ360』
20万7900円

360度被写体を回転させる『フォトキャプチャ360』。1回転で最大200枚の写真を撮影できる。

 さらに、半球・全球撮影ができる『3Dフォトアーム』を組み合わせれば、前後左右だけでなく、真上からの撮影も可能! フィギュアをあらゆる角度から、画面で愛でることができちゃうのです。

 本誌ホビー部担当のアカザーは、「作ったプラモが完成したら、まずコレで写真撮ってPCで見て、本体はしまっておけばいいじゃん!」 と喜んでましたが、でも、それじゃ結局モノは減らない気も!?

 そんなアカザーも感激した、360度アニメがコチラ。iPhone/iPadにも対応しているので、ぜひタッチして動かしてみてください。

360度回転 360度回転(iPad)
半球回転 半球回転(iPad)
ズーム付き半球回転 ズーム付き半球回転(iPad)


 今週発売の『週刊アスキー 3月1日号』の特集記事『身のまわりデジタル化大作戦』でも、『フォトシミリ』記事を掲載しています。特集では、蔵書の自炊からレシート、種類、洋服の管理まで、様々なモノの減量作戦をご紹介していますので、あわせてご一読ください!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking