2011年02月09日12時00分

旧正月な香港でモバイルジャンク探し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 2月に入り、日本も寒い毎日が続いていることでしょう。でも、アジア各国は今が熱い! というのも今年は2月3日が“お正月”なんですよ。そう、アジアでは旧暦でお正月を祝う国が多く、1月1日はただの祝日だったりします。旧暦のため、お正月は毎年日にちが変わるわけですが、今年は2月3日をはさんで前後1週間が、日本で言うところの年末年始気分であふれかえっているわけです。

香港のIT雑誌もお正月モード
旧正月な香港でモバイルジャンク探し

 そんなわけで、旧正月の前は年末大セールということで、バーゲンやら在庫処分品販売が様々なところで行なわれます。もちろん、携帯電話やパソコン関連の店でも1年間売れなかった不良在庫品や、誰も見向きもしなかったアクセサリーが、ジャンクとして投売りされることも多いのです。ということは、この時期はマメに電脳系の店めぐりをすれば、超お買い得なブツにめぐり合えるかもしれないのです。

やってきました香港のアキバガード下系、深水埗
旧正月な香港でモバイルジャンク探し

 やってきたのは、香港の深水埗。ここは古くは世界のPCの発信拠点であり、ゴールデンコンピューターセンターなどは今でも営業を行なっています。でも、モバイラーなら目指すのはそちらとは反対側にある通り。この“鴨寮街”はアキバのガード下系の雰囲気で、電線やら電球やらに混じって、モバイル関連のグッズや本体が安値で売られています。それらの店が旧正月前になると、ジャンク品を放出することが恒例となっているんです。では、さっそく鴨寮街でお正月セール品を探してみましょう。

ソニエリのmicroSDリーダー発掘
旧正月な香港でモバイルジャンク探し

 まず某携帯電話ショップに立ち寄ってみたところ、店内のダンボール箱に無造作にSony Ericssonロゴ入りのブツが置かれていました。よーく見ると純正のmicroSDカードリーダーと、ヘッドセットじゃないですか。これ、シンガポールのソニエリが確か端末のおまけに付けていたもので、そんなものが香港に流れてきて投売りされちゃっているとは……。お値段は日本円で300円くらい。Xperiaユーザーならぜひ欲しいアクセサリですねぇ。なお、後日店を再訪したら完売しちゃってました。

サムスンの何か、もあったぞ
旧正月な香港でモバイルジャンク探し

 お次は青いSamsungロゴの入ったパッケージ。中はなんじゃらほい、ってことで店員さんに断ってパッケージを開けてみました。ちなみに、周りの客は勝手に開けて中を確認しています(笑)。入っていたのは細身の革ケースで、どうやら昔出ていたSamsung携帯電話用のケースのようです。最新スマホなどは入りませんが、Galaxy Sの予備バッテリー入れなどにいいかもしれませんよ。お値段は約60円。うーん、安いなぁー。

Bluetoothヘッドセットは1200円から
旧正月な香港でモバイルジャンク探し

 こんな具合にいろんなものが見つかるわけですが、他の店ではBluetoothヘッドセットの放出市が行なわれていました。価格は一番安いもので108香港ドル、約1200円。まぁ、品質もそれなりなのですが、ここまで安いともう使い捨て感覚で買えちゃいますよね。

謎な携帯、G.DRAGON
旧正月な香港でモバイルジャンク探し

 ほかには携帯電話も安売り品が出ていたりします。最近は中国の安売り携帯が増えているのですが、この写真にあるG.DRAGONの携帯は今から5年くらい前に売られていたもの。折りたたみ式の小型スタイルってのが時代を感じさせます。今でも電池はきちんと使えるのでしょうか? てか、お値段は日本円で約2200円なので、「動けばラッキー!」って考えて買うレベルの製品なのですね。もちろん、店頭で動作確認はさせてくれます。

掘り出し物キター! LenovoのデュアルSIM携帯
旧正月な香港でモバイルジャンク探し

 ふと別のお店に立ち寄ったら、まともな携帯電話が売っていました! LenovoのデュアルSIM携帯です。GSM対応ですが、2枚のSIMカードを同時待ち受け可能。日本円で約2500円は微妙な値段ですが、ちゃんと動く現行機種ってことで悪くないかも。もちろん、これは買っちゃいました!

とりあえずゴミを売っている(笑)
旧正月な香港でモバイルジャンク探し

 さて、鴨寮街を歩いてみると、空いているスペースにはゴザを広げて靴やら鍋やら家電のゴミやら、謎なものを売っている人がいます。おそらく廃品回収したものを並べているのですが、それらを買っていく人もいるから不思議……。でも、電話線1本とかを買うなら、そんなところで買ったほうが安いから、これはこれで便利な存在です。

携帯のジャンクもあるぞ
旧正月な香港でモバイルジャンク探し

 さすがに最新機種の中古などはこの手のところでは売られず、中古屋さんが引き取って販売しちゃうのですが、いにしえの機種ならこうやってゴミのように投げ捨てられていることもよくあります。これらの端末は基本的に動きません。では、なんで売っているか? まぁ、パーツ取り用だったり、コレクションしている人がいるとか……。いずれにせよ、「もしかしたら、誰か必要としている人がいるかもしれない。だからとりあえず置いておく」ということなのでしょうね。

iPhoneケースは超お買い得だ
旧正月な香港でモバイルジャンク探し

 ちょっと人だかりがしているところに向かったところ、iPhone3G/3GS用のケースが山積みにされていました。これはジャンクというより半端モノか、倒産したお店から引き取ってきたものっぽいです。なので、パッケージは汚れているものの、中身はきれいで使えちゃいます。お値段はなんと20円(笑)。10枚買って、使い捨て感覚で使えちゃいますねー。

普段から楽しい鴨寮街
旧正月な香港でモバイルジャンク探し

 1時間ちょっとこの鴨寮街を歩き回っただけで、このようにモバイル系のグッズがいろいろと見つかりました。鴨寮街は普段から電池やらケース、そしてSIMカードも売っていますし、時には掘り出し物が見つかるかもしれない楽しい場所です。ガイドブックにない香港を味わいたい人も、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


山根康宏さんのオフィシャルサイト
香港携帯情報局

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp