2011年02月16日18時00分

MWC2011:富士通はデュアルディスプレーのAndroid試作機を発表

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

バルセロナで開催されるモバイルの祭典Mobile World Congressを最速レポ
週アスPLUS:MWC 2011 最強特集

 富士通のブースでは新製品の発表はなかったものの、意欲的な試作機と試作アプリが展示されていました。

Androidのデュアルディスプレー試作機
デュアルディスプレーが2種類
↑一枚の板状のデザインですが、あくまで試作機とのこと。左は昨年のCEATEC JAPANでも発表された、ダブルタッチパネルケータイ。CEATEC JAPANでの発表時に「Android版はやらないの?」とさんざん聞かれたので、やってみたということだそうです。

 試作機のほうがデュアルディスプレーのアンドロイド端末。まだ型番やコードネームなどもない完全にテスト機とのことです。とはいえ、2画面を使ったフルスクリーンから、独立したディスプレーへの切り替えなどもキッチリと稼働しており、今後に期待できそうです。

非常に認識率の高い手書き入力アプリ
富士通Android
↑手書き入力の精度もかなり高く、専用アプリとしての開発ではなく是非ともAndroid Marketで販売してほしいアプリです。

 さらにAndroid端末用の日本語入力アプリも展示。手書き入力に対応しているのがポイントで、ソフトウェアキーボードの上を指でなぞると、自動で手書き入力に切り替わります。こちらも完全に試作アプリとのことで、アプリ名やコードネームもなし。

富士通東芝の製品も展示
富士通Android
↑富士通ブースですが、ドコモとau両モデルの東芝製REGZAフォンを展示していました。今後はデュアルディスプレーのREGZAフォンなんていうのも、開発されたりするのでしょうかねー。

 そのほか、富士通は昨年東芝の携帯事業を統合しており、国内で発売中の東芝製品も展示してました。MWCでは海外メーカーの攻勢に圧倒されて、日本人としては寂しいところ。いずれ両社のプラス部分が合わさったすばらしい端末が、MWCで発表されることを切に願います!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking