2010年12月10日23時32分

2010年のGoogleを総括!!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

  Googleが2010年版の年間検索ランキングを発表。同時にGoogleが今年のプロダクトを振り返る記者発表会を開催した。検索ワードとともに今年を振り返ってみよう。 
●急上昇ワードランキング

1位 iPad
2位 Xperia
3位 楽天銀行
4位 ゲゲゲの女房
5位 AKB48 総選挙
6位 Justin Bieder
7位 ニコニコ静画
8位 少女時代
9位 KARA
10位 ハートキャッチプリキュア

●2010年のニュース

1位 ワールドカップ
2位 はやぶさ
3位 スカイツリー
4位 エコポイント
5位 茨城空港
6位 フィギュアスケート
7位 羽田空港
8位 甲子園
9位 スマートフォン
10位 バンクーバーオリンピック

●急上昇・人物

1位 岡村隆史
2位 板野友美
3位 大島優子
4位 高橋大輔
5位 本田圭佑
6位 前田敦子
7位 仲里依紗
8位 マツコ・デラックス
9位 篠田麻里子
10位 西野カナ

●総合・企業

1位 ANA
2位 JAL
3位 au
4位 ユニクロ
5位 DELL
6位 ヤマダ電機
7位 ソフトバンク
8位 マクドナルド
9位 アップル
10位 JR

 

 上記のランキングは、今年の急上昇ワード。昨年に比べて、検索数が急増したワードをリストアップしている。同社の説明によると、「AKB様々ですよー」とのこと。有名人の場合、女性名の検索が圧倒的で男性のランキングをつくるのが大変、マツコ・デラックスさんは男女どちらのランキングで計上して良いのかも相当考えたとのことです。そんな中、1位となったのはナインティナインの岡村さん。体調を心配する人が多かったのでは、と分析していた。
 その他のランキングは“Google年間検索ランキング2010”(外部サイト)を参照のこと。年間総合1位は、YouTube。これはもう毎年おなじみの結果です。

 今年開始されたおもな検索やプロダクトをダイジェストで紹介。アプリ販売サイト“クロームウェブストア”、インターネットエクスプローラーのツールバー、リアルタイム検索、レシピ検索、ショッピング検索、グーグルアースの3D表示の進化、おみせメモ、不動産検索、マップのリニューアル、日本語入力など、今年も数え切れないサービスが生まれた。

ショッピング検索
20101210Google02

 10月から始まったショッピング検索。 価格帯での絞り込みやショップを絞った検索などが可能。まだまだ始まったばかりのため、これからどんどん便利に変わっていくそうだ。

おみせメモ
20101210Google03

 11月に始まったおみせメモは、カードのようにお店を見られるツール。自分で星を付けたり、飲食店などを評価できる。お気に入りの店舗のまとめや、クチコミを見ることもできる。

不動産検索
20101210Google04

 8月にリリースされた不動産検索。Googleマップ上で検索でき、ストリートマップで外観や周りの環境がわかるほか、別の検索と組み合わせて通勤経路を表示したり、近くの学校や病院などを表示連携させられる。Googleならではの強みがある。

3代目Googleマップ
20101210Google07

 今年は4年ぶりにGoogleマップのデザインがリニューアル。3代目となった今回は、不動産情報をはじめ、要素をオーバーレイできるように使いやすいユーザーインターフェースを考えてつくられた。また4年くらいは使いたいなーとのこと。
ちなみに初代と2代目のデザインは↓こちら↓

初代Googleマップ
20101210Google05
'05年に開始された。
2代目Googleマップ
20101210Google06
'06年から3代目に変わった2010年まで使われた。
Googleアース
20101210Google07

 3Dによる建物のオブジェクト表示ができる“Googleアース”だが、今年はさらに木の3D表示に対応。ちなみにこの拡大された森は、東京都心の神宮の森だ。

モバイルGoogleマップ
20101210Google08

 スマートフォンで使える、新しい“モバイルGoogleマップ”は描写を端末側で行なうため、サクサクした操作が可能。コンパスモードを搭載し、自分の向いている方向に地図も向くので、地下鉄から降りた瞬間でも迷わず便利!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking