2010年10月21日18時07分

【写真大量】11インチが買い!? 新MacBook Air最速フォトレビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
新MacBookAir

  発表されたばかりの新MacBook Airが編集部に到着。アルミUnibodyのソリッドな印象を強めた新型ボディーは、13.3インチと11.6インチの2モデルが用意されます。

 全モデルがSSD搭載のみというのが、昨今のノートPCとしては珍しいところ。処理性能は最大でCore2 Duoの1.86GHz、CTOで2.13GHzと今やあまり高速ではありませんが、搭載SSDの容量を考慮すると値頃感が高まってくる、という構成になってます。

 なお、自分でのメモリー増設はできないため、4GBにしたい人はアップルストアかCTO対応の店舗で購入する必要があります。ヘビーに使うつもりの人は間違えて2GBを買わないように注意です。
 価格とスペックは以下のような仕様です。続いて実機写真をどうぞ。

 11インチ(64GB)11インチ(128GB)13インチ(128GB)13インチ(256GB)
価格8万8800円10万8800円11万8800円14万8800円

液晶

11.6インチ(1366×768ドット)11.6インチ(1366×768ドット)13インチ(1440×900ドット)13インチ(1440×900ドット)
CPUCore2 Duo 1.4GHz(CTOで1.6GHz選択可能)Core2 Duo 1.86GHz(CTOで2.13GHz選択可能)
メモリー2GB(最大4GBまでカスタマイズ可能、DDR3 1066MHz)
グラフィックNVIDIA GeForce 320M
(最大表示2560×1600ドット)
ワイヤレス

無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n)
Bluetooth2.1+EDR

バッテリー最大5時間
スタンバイ30日間
最大7時間
スタンバイ30日間
サイズ299.5(W)×192(D)×17(H)mm325(W)×227(D)×17(H)mm
重量約1.06kg約1.32kg

 

MacBook Air 2010
↑MacBook Air 11インチモデル。奥に見えるのが13インチモデル。液晶ベゼルの広さで違いがわかります。写真で見ると13インチのほうがスタイリッシュですが、11インチ実機を触ると薄・軽さと上質感、凝縮感の魅力が強い。個人的に買うなら11インチ。
MacBook Air 2010
↑液晶のサイズが近いiPadと比較。iPadは9.7インチなので数字上で一回り小さいが、それ以上にワイド画面か否かでずいぶん印象が違う。ベゼルは15インチ/17インチのノングレア仕様のようなアルミですが、液晶表面自体はグレア(反射)タイプ。
MacBook Air 2010 MacBook Air 2010
↑上が11インチモデル、下が13インチモデル。13インチモデルにはSDカードスロットを搭載。11インチにも欲しかった。 ↑11インチモデルの左側面。充電用MagSafe端子、USB2.0×1基、ヘッドホン端子という構成。これは13インチモデルも同じ。
MacBook Air 2010 MacBook Air 2010
↑キーボードはフツー……に見えて、バックスペース周辺の右上が電源ボタンに変更。ユニボディなのでタッチはもちろん◎。上位機とほとんど変わらない印象。 ↑USBメモリーで標準添付されるという、復旧用の“ソフトウェア再インストール用ドライブ”。この辺はWindows機のメーカーにもぜひ取り入れて頂きたいところ。
MacBook Air 2010 MacBook Air 2010 MacBook Air 2010
↑子亀孫亀状態ですが、上からiPad、Air 11インチ、Air 13インチ。13インチが妙に大きく見えるのは、比較対象の2台がコンパクトだからですね。 ↑平面に並べたところ。Air 11インチモデルはiPadよりは大きいですが、手に持つと13インチに比べ小ささと軽さが際立ちます。ノートを持ってない人なら13インチ、2台目に買うなら11インチってところでしょうか。 ↑iPhoneと比べるとこんな具合。うーん、11インチばかりに目が行ってしまいますね。本日夕方からアップルストアなどには並んでいるので、仕事帰りに是非チェックしてみてください。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!