2010年09月06日12時12分

3Dバイオの展示も! IFA2010レポート by 竹子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 Guten Morgen!

 欧州最大のコンシューマー・エレクトロニクス展『IFA2010』がドイツ・ベルリンで9月3日から開催されています。ワタクシ編集部の大竹こと竹子は、9月2日に成田を発ちベルリンにやって来ました〜!

 自宅から成田は7月に始まったばかりの新型スカイライナーで♪

IFA2010@Berlinレポート【1日目】
↑ぴっかぴかの新型スカイライナー。日暮里→成田が約50分。でもフットレストがない。

 成田からベルリンは恐ろしく時間がかかります。計15時間。だって直行便がないんだもん。フランクフルトやミュンヘンはあるのに。今回は、スイスのチューリッヒ経由で行くことにしました。航空会社はスイスインターナショナルエアラインズ。食べ物がひっきりなしに出てくるなどサービスがいいらしいと聞いて。成田→チューリッヒは12時間。週刊アスキー800号を徹夜で作ってきたわたくしはずっと寝ていました。

IFA2010@Berlinレポート【1日目】
↑アスキー総研の遠藤さんからもらったチェブラーシカ柄のアイマスク。役に立ちました。

 チューリッヒ空港はのどかでねー、そこらへん野の花が咲く草原です。スカートをはいて飛び出したい。

IFA2010@Berlinレポート【1日目】
↑緑の草原に民家がちょこっと。空港内も草原と草花だらけ。クララーっ!

 チューリッヒ到着2時間後に空港を発ち、19時ごろようやくベルリンに着いたのでした。ベルリンは最高気温が17度、最低気温が10度程度。うらやましいだろー。冬のコートを着ている人もいます。

IFA2010@Berlinレポート【1日目】

 空港からホテルのあるZoo駅まではバスで20分ほどで、すぐ着いたのですが……なんとホテルで問題発生。オーバーブッキングか何かで「今晩だけ系列の別のホテルに泊まってくれないか? そこまでのタクシー代は払うから」だと。ぬあんだと〜。しかし淑女のわたくしは「問題ありませんことよ」と、名も知らぬホテルに移動してきました。結果的には、このホテルがIFA会場にすごく近いため、元のホテルには戻らずここに留まることになるのですが。結局、東京の自宅を出てからホテルに落ち着くまで約21時間を要しました。これで1日終わりですわ。

 その翌朝の『IFA2010』1日目はハイライトでお伝えします。会場は東京ドーム4個ぶんほどの広さ……いやもっとあるはず、1階と2階にわかれていたりするので。ともかく広い。会場最寄駅から会場までも遠い。自転車を貸せと言いたくなります。そのぶん、展示はひたすらゴージャス。まずパナソニックのホールでは、一体何台あるんだっていう大小さまざまなサイズの3Dテレビを床から天井近くまで並べて、3D映像のデモをしていました。ギャラリーもおばさまから青年までたくさん。

IFA2010@Berlinレポート【1日目】
↑約40台の3Dテレビによる3D映像のデモ。30人前後の人だかりができていたけど、これだけ台数があればどこからでもよく見えます。

 パナソニックの3Dテレビの展示は凝っていました。来場者にパーティーの扮装をさせて、それを3Dビデオカメラで撮影したものをリアルタイムで3Dテレビに映し出していました。なんでパーティーなんでしょう。もうヨーロッパはクリスマスシーズンだから?

IFA2010@Berlinレポート【1日目】
↑美しいヨーロッパ美女たちのナマ映像を3Dで見られるのです。くーっ

ソニーさんはナント! 3Dバイオノートのプロトタイプを出品!!

IFA2010@Berlinレポート【1日目】
↑ビジネスマンも興味津々。フルHDの大画面3Dですわ。

 竹子的『IFA2010』1日目のハイライトは、ESPNの基調講演でした。ESPNとは米国のスポーツ専門チャンネルで、メジャーリーグはもちろん、NBA、NFL、NHL、サッカーなどの放送で有名。日本でもCSのJ SPORTSで一部の番組を視聴できます。そのESPNが3Dによるスポーツ放送をデモしました。会場の300インチぐらいのスクリーンで見たこともあり、“ド”迫力です。これなら会場で見るより3Dテレビで見たほうがいい。それほどのレベルです。現状は『ESPN HD』の普及もまだまだだけど、HDに“3D”が加わることでアーリーアダプターのスポーツファンにかなり訴求するのではないか、と期待されているようです。

IFA2010@Berlinレポート【1日目】
↑ESPNによる3Dスポーツ放送のデモ。ぶっちゃけ、競技会場で見るよりも迫力があります。会場でナマ観戦が身上のフィギュアオタが言うんだから信じてください。

 

ほかにも新製品はいろいろありましたが、それは週刊アスキー800号のIFA速報で! 追ってまたレポートします。ちゅーす☆(竹子)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking