2010年08月20日19時31分

遊びながらプログラムが学べる文科省のWebサイト『プログラミン』がおもしろい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 「プログラミンはきみの絵に命をふきこむ不思議な生物」

 そんな解説ではじまる、こども向けのWebサイト『プログラミン』がなかなかおもしろいのでご紹介です。自分で描いた絵を動かしたりして、プログラミングの概念を学ぶことができます。

文科省のWebコンテンツ『プログラミン』

 

 トップぺージで【プログラミンであそぶ】をクリックするとメニュー画面に進みます。メニュー画面では、プログラミンでどんなことができるのかがわかるムービーも流れます。

文科省のWebコンテンツ『プログラミン』

 

 メニューで【使い方をおぼえる】をクリックして、YouTubeにアップされたチュートリアル動画を見ておきましょう。ざっと見るだけで操作方法はわかるはずです。

文科省のWebコンテンツ『プログラミン』

 

 【おてほんであそぶ】からサンプルプログラムを確認してみましょう。用意された“おてほん”は全部で25個。基本的なサンプルから、複雑なプログラムで作成された“すごいおてほん”があります。お手本を編集することもできるので、これをいじって試してみるのもアリです。

文科省のWebコンテンツ『プログラミン』

 

 【プログラムをつくる】でプログラミンで遊ぶことができます。いろいろ触ってみて、とにかく自分で何かつくってみるのが理解が早いでしょう。

文科省のWebコンテンツ『プログラミン』

 

 画面下に用意された“プログラミン”たちを積み重ねていくことで、イラストを動かすプログラムを組んでいくしくみです。それぞれのプログラミンが何かしらのコマンドになっています。

文科省のWebコンテンツ『プログラミン』

 

 イラストは用意されたテンプレートから選ぶほか、左のメニューから【絵をかく】を選択して、自分で描いたイラストを使うこともできます。

文科省のWebサイト『プログラミン』

 完成したプログラムを公開すると、個別にURLが設定されます。また、プログラムをブログパーツ化したコードを取得できたり、ツイッターでつぶやくこともできたりと今風な感じです。

ニャーンとジャンプ!

 サンプルを編集できたり、とにかく何かつくって覚えたり、誰かに触ってもらったりと、実際にプログラムを勉強するときに似た体験ができるあたり、とてもよくできています。 コンピューティングの楽しさが伝わってくるウェブコンテンツですね。お子さんをお持ちの方はぜひご一緒に楽しまれてはどうでしょう。

プログラミン | 文部科学省

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!