擬似3D写真が本体だけで楽しめる新サイバーショット!

文●ジャイアン鈴木

2010年07月08日 18時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

擬似3D写真デモ動画を最速公開!

機材協力●キヤノン『iVIS HF S11』、ソニー『VAIO Fシリーズ

■動画の内容
00:10~ 製品概要
00:35~ 擬似3D写真の仕組み
00:55~ 擬似3D写真を撮影・鑑賞
01:48~ 総括

 ソニーから新サイバーショット4機種が電撃発表ー。なかでもDSC-WX5とDSC-TX9はAVCHD方式フルハイビジョン動画撮影に対応し、かつ本体の通常液晶で擬似3D写真を鑑賞できちゃいます!

 ひとつのレンズと撮像素子で、3Dテレビなどで表示する3D画像と、カメラ本体の通常液晶で鑑賞する擬似3D写真の2枚を生成できるってのが技ありです。カメラ本体が大きくならず、かつ通常液晶で鑑賞できるから価格もそれほど上がらずといいことづくめですね!!

DSC-WX5/TX9は裏面照射型CMOSセンサーを搭載!
DSC-WX5とDSC-TX9
↑DSC-WX5とDSC-TX9は裏面照射型“Exmor R”CMOSセンサーを搭載。どちらも有効画素数1220万画素と高画素化されていますが、高感度性能はキープしているとのこと。
ラインナップ
製品名 発売日 予想実売価格
DSC-WX5 2010年8月7日 3万5000円前後
DSC-TX9 2010年8月7日 4万5000円前後
DSC-T99 2010年8月7日 2万7000円前後
DSC-T99D 2010年8月20日 2万9000円前後

新サイバーショット
メーカー:ソニー
公式サイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!