2010年06月07日12時00分

Chromeでウェブページに付箋をペタリ! 画像もペタれるエクステンションNote Anywhereで遊ぼう!!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 使い始めたらコレ無しでは仕事ができない! そう言いたくなるくらい付箋アプリは便利だ。読者のなかにも「デスクトップはデジタル付箋だらけ!」という人はいるだろう。日々の約束やToDoなどはデスクトップにデジタル付箋を残せばよいが、たまたま見ていたウェブページにちょっとメモを残したい、なんてケースもあるはずだ。そんなヘビーなデジタル付箋ユーザーに最適なのがこの『Note Anywhere』だ。

Chromeエクステンション:Note Anywhere:付箋をウェブページに貼り付け
付箋をウェブページに貼り付けられる。

 
 Note Anywhereはウェブページ単位で付箋を貼り付けることができるエクステンションだ。テキストだけでなく、画像やURLのリンクなどにも対応。操作もドラック&ドロップやコピペでカンタンに貼り付けることができる。

Chromeエクステンション:Note Anywhere:画像貼り付け
画像を付箋に貼り付けることもできる。

 
 付箋の管理はオプションからNotes Sumamaryを使う。タブを閉じたり、Chromeそのものを終了してしまっても、ここから付箋ごと復活できるので便利だ。

Chromeエクステンション:Note Anywhere:Notes Summary
Notes Summaryには、付箋を貼り付けたページのURLが履歴で残されている。

 
■インストール

 Google Chromeのエクステンション配布サイトにアクセス。サイト上で“Note Anywhere”を検索して、ダウンロードページに進もう。

Chromeエクステンション:Note Anywhere

 【インストール】ボタンをクリックすると【インストールの確認】ダイアログが表示される。【インストール】ボタンをクリックすると数秒でインストールが終了する。

Chromeエクステンション:Note Anywhere

 ブラウザーの再起動なしで拡張機能が表示される。右上のツールバーに【Note Anywhere】のアイコンが表示されていればインストール完了だ。

Chromeエクステンション:Note Anywhere

 
■基本的な使い方

 さっそくNote Anywhereを使ってみよう。右上のツールバーに表示されている黄色い四角形のアイコンをクリックすると、ブラウザー上に付箋が表示される。

Chromeエクステンション:Note Anywhere

 Note Anywhereは、付箋を貼れるページとそうでないページがある。付箋を貼ることができない場合は、以下のような警告ダイアログが表示されるのですぐわかる。

Chromeエクステンション:Note Anywhere:付箋が貼れないページ
付箋が貼れないページでアイコンをクリックすると、ダイアログが表示される。

 付箋は、一般的な付箋アプリケーションと同じように、メイン部分にテキストを入力する。下部には入力した最終更新日が表示されるしくみだ。
 左上の×アイコンをクリックして付箋を削除。そして、テキスト入力部分以外を右クリックしながらドラックすれば、付箋の位置を移動させることができる。

Chromeエクステンション:Note Anywhere:付箋の基本機能
付箋の基本機能。

 Note Anywhereの付箋にはテキストだけでなく、画像やリンクなどを貼り付けることができる。試しに週刊アスキーの表紙を付箋にドラック&ドロップしてみた。

Chromeエクステンション:Note Anywhere:画像貼り付け
画像を付箋に貼り付けることもできる。

 画像やリンクはまとめて付箋にコピー&ペーストすることもできるので大変便利だ。

 ただ、残念なことにリンクはダブルクリックでページを開くことができない仕様になっている。リンクのデータそのものは維持されているので、面倒ではあるが右クリックメニューからリンクのアドレスをコピーし、新規にタブを作成したうえで、アドレスを貼り付けてアクセスしよう。

Chromeエクステンション:Note Anywhere:付箋に画像とリンクをコピペ
付箋に画像とリンクをコピー&ペーストしたところ。リンクはクリックできない。
Chromeエクステンション:Note Anywhere:右クリックメニュー
リンクにカーソルを指定して右クリックメニューを使うことができる。

 
■付箋をさらに活用しよう

 付箋の位置は記憶されているので、縦長のページでスクロール移動したり、別のページに移動したとしてもちゃんと保存されている。

Chromeエクステンション:Note Anywhere:複数の付箋
ページ内の様々なところに、複数の付箋を貼り付けても保存される。

 
 追加した付箋の数は右上の起動アイコンに表示される。ちなみにここに表示されるのは、そのページに貼った付箋の数だ。貼った付箋の総数は、オプションで見ることができる。

Chromeエクステンション:Note Anywhere:アイコン下に付箋の数を表示
アイコン下に付箋の数が表示される。

 
■貼り付けた付箋をチェックするには

 付箋のデータは、貼り付けられたページのタブを閉じても保存されている。保存されたタブデータは、オプションの【Notes Summary】で確認することができる。右上のアイコンにカーソルを当てて右クリック→【オプション】を選択するか、ツールバーの設定メニューから【拡張機能(E)】を選択して拡張機能一覧の中から【Note Anywhere】内の【オプション】を選択する。

Chromeエクステンション:Note Anywhere:オプションを起動
オプションを起動するにはアイコンにカーソルを当てて右クリック。

 
 選択すると【Note Anywhere】のオプション画面が表示される。左側のメニューに【Notes Summary】と【Settings】というボタンが確認できる。【Notes Summary】をクリックすると中央に“Notes Summary”という付箋が表示される。
 “Notes Summary”には、付箋を貼り付けたページのURLと付けた付箋の数が表示されている。URLをクリックすると新しいタブでURLが開き付箋も表示される。

Chromeエクステンション:Note Anywhere:Notes Summary
Notes Summaryには、付箋を貼り付けたページのURLが履歴で残されている。

 
■カスタマイズしよう

 付箋は色や背景、文字色などをカスタマイズすることができる。オプション画面左メニューの【Settings】をクリックすると“Settings”画面が付箋形式で表示される。
 【Backgroun Color】と【Bar Background Color】の色を変えて変化させてみた。他にもテキストカラーの色やテキストサイズの設定、フォント(英文のみ)変更も可能だ。変更したデータは左下の付箋でシミュレートできる。設定が終了したら【Save】ボタンを押せばよい。

Chromeエクステンション:Note Anywhere:カスタマイズ
“Backgroun Color”や“Bar Background Color”を変更して自分の使いやすいようにカスタマイズしておこう。

Note Anywhere
バージョン:0.5.1
フリーソフト
作者:LanceHub

(バージョンは記事掲載時のものです)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking