最大200倍の拡大倍率を誇るモバイルデジタル顕微鏡『Anyty 3R-A200』でミクロな世界を覗いてみた!

文●ジャイアン鈴木

2010年03月22日 00時00分

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

撮影対象を探すのがたのしー!

機材協力●動画の一部はキヤノン『iVIS HF S11』を使用しています

↑週アス本誌の誌面から、人の肌、植物の葉、基板などなど、いろんなモノを撮影してみました。肉眼では見られない画像ばかりですよ!

 外観はデジカメですが、この『Anyty 3R-A200』はモバイルデジタル顕微鏡。光学ズーム10~40倍、デジタルズーム5倍を合わせて、最大200倍の拡大倍率で画像・映像を撮影できちゃうんです。

 デジカメで200倍の拡大倍率で撮影するには、結構な出費となります。昆虫・植物観察などの趣味用から、電子機器検査などの実用まで、幅広く活躍してくれそうな製品です!

専用ソフトケースを同梱
『Anyty 3R-A200』
↑セットにはテレビ接続ケーブルからmicroSDカードまで鑑賞・撮影に必要なものはすべて揃っています。本体のサイズが少し大きめですから、専用ケースが付属しているのはうれしーですね。
SPEC
有効画素数 約200万画素
記録メディア microSDカード
記録形式 JPEG(1600×1200ドット)
サイズ/重量 130(W)×27.5(D)×62(H)ミリ/約100グラム(本体のみ)

Anyty 3R-A200
発売元:スリー・アールシステム
発売日:2010年3月26日発売予定
直販価格:4万6800円
公式サイト

この記事をはてなブックマークに追加
Pocket
  • Google Bookmarksに登録
  • mixiチェック

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking