ウィンドウズ7 マルチタッチスクリーン機能対応コンバーチブルタブレットPC『viliv S10 Blade』業界最速動画レポート!

文●ジャイアン鈴木

2010年03月17日 00時00分

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブルレー久々の新モデル!

機材協力●動画はキヤノン『iVIS HF S11』を使用しています

↑今回の試作機は『Intel Atom Z530(1.6GHz)』を搭載したモデル。それが意外とキビキビと動作する様子をご確認ください!

 個性的なデジタルガジェットを発売し続けているブルレー。その最新モデルが『viliv S10 Blade』。“Blade(刀)”ってのがカッチョいいですね!

 『viliv S10 Blade』もこれまでの製品同様、余計な装飾を施さず、それでいて所有欲をかきたてられるデザインに仕上がっています。

 価格はまだ未定。ブルレー製品はちょっとお高いイメージがありますが、Atom搭載機ということでリーズナブルな価格設定に期待です!

コンバーチブル機構に不安なし!
『viliv S10 Blade』
↑個人的にはコンバーチブルタブレットPCって強度に不安あり。しかし本製品は機構がしっかりしていて好印象。タッチパネルが静電容量式ならスキなしだったんですけども!
SPEC
CPU Intel Atom Z530(1.6GHz)/Intel Atom Z550(2.0GHz)
メモリー 1GB DDR2 SDRAM(533MHz)
ストレージ 60GB HDD/32GB SSD/64GB SSD
OS Windows XP Home/Windows7 Home Premium日本語版
動作時間 通常利用時最大10時間、動画再生時最大7時間
サイズ/重量 約260(W)×185(D)×17~26(H)ミリ/約1.2キロ

viliv S10 Blade
発売元:ブルレー
発売日:2010年4月上旬
公式サイト

この記事をはてなブックマークに追加
Pocket
  • Google Bookmarksに登録
  • mixiチェック

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking