世界最大級モバイル機器展示会『MWC』続報! 気になるモバイルコンテンツの今後が見えた!

文●ACCN 編集●ジャイアン鈴木

2010年03月05日 11時40分

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

モバイルワールド2010では試作機に注目!

↑ACCESSのアンドロイド端末用独自UI『NetFront FlexUI』、NVIDIAの統合チップセット『Terga 250』を搭載した試作機デモが見られる!

 モバイルワールド2010(Mobile World Congress 2010)の動画レポートはこれが最後。まず紹介するのが、ACCESSが出展した『NetFront FlexUI』。これは、アンドロイド端末にかぶせる独自UIだ。

 アンドロイドを採用しながらも、端末に独自性を持たせたいベンダーに採用を促す。UIはあくまでサンプルだが、非常にグラフィカル。ホーム画面などが往年のPalmにどことなく似ているのは、同社がPalmのOS部門を買収した過去と関係あるかもしれない。

ACCESSのアンドロイド端末用独自UI『NetFront FlexUI』
『NetFront FlexUI』
↑NetFront Widgetsでは、ツイッターのクライアントなども用意されており、端末の一機能として提供できる。

 NVIDIAブースでは、統合チップセット『Tegra 250』を採用したタブレット端末の試作モデルを展示していた。Tegra 250はCPU ARM Cortex-A9(最大1GHz)を中核に、グラフィック、HD動画のエンコードおよびデコード、オーディオ処理までまかなう。

NVIDIAの統合チップセット『Tegra 250』搭載タブレット端末
『Terga 250』

 デモではAdobe Flash Player 10.1を用いた電子コンテンツの表示を行なっていた。非常にサクサク快適に動いている。フラッシュ非対応のiPadの表現力と、どちらが優れているか、現時点では不明だが気になるところだ。

この記事をはてなブックマークに追加
Pocket
  • Google Bookmarksに登録
  • mixiチェック

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking