2009年12月26日00時00分

Windows Server 2008 R2 Foundation密着連載 『激安鯖イイじゃないッ!!』

【第5回】CGIを使って家庭内ポータルを強化するぜ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 前回掲載したスペシャル動画【第三現場】はこちら! 

■激安鯖のIIS上でCGIを動かしてみよう

 家庭内ポータルは、家族にまずまず好評といったところだ。しかしFlashやJavaをバリバリ使ったページを見慣れた子供たちにとっては、イマイチおもしろみにかけると……。ならばウェブページを手軽にインタラクティブにできるCGIを動かせるようにしてみよう!

Windows Server 2008 R2 Foundation密着連載 第5回:カレンダー
家族の予定を書き込める予定表をつくってみた。そしてコッソリ台所にあるカレンダーを撤去。これで電子予定表を使わざるを得まい!
改造のベースはこのマシン!
Windows Server 2008 R2 Foundation密着連載 第5回:『HP ProLiant ML115 G5』
『HP ProLiant ML115 G5』 直販価格:7万8750円(前回掲載時よりプライスダウン)


  まずはサーバーマネージャの設定で“Webサーバー(IIS)”を選び、“役割サービスの追加”で“CGI”を追加インストール。しかしこれだけじゃCGIは動かないので、別途『ActivePerl』というソフトをインストール。インストール時には、あれこれ設定をたずねられるが、すべてデフォルトでオーケー。これが王道だ。

 準備が整ったところで、IISのHTMLコンテンツが保存されているフォルダーに、“CGI”という名前のフォルダーを作成。このフォルダー以下にCGIを保存しておけば、通常のHTMLコンテンツとセキュリティーを別に管理できる。

ここがポイント
Windows Server 2008 R2 Foundation密着連載 第5回:ハンドラーマッピング
設定の肝になる“ハンドラーマッピング”。これさえ正しく設定できればCGIも楽勝!?


 今度はIISマネージャを起動して“ハンドラーマッピング”から“モジュールマップの追加”を選び、要求パスに“*.CGI”、実行可能ファイルに“C:\Perl\bin\perl.exe "%S" %S”と指定。ラストの設定は、CGIフォルダーのアクセス許可だ。ユーザーに“IUSR”グループを追加して、フルコントロールできるようにすればよし。

楽しくないとダメ……
Windows Server 2008 R2 Foundation密着連載 第5回:掲示板
チャット風の掲示板を導入。遊び心がないと家族は使ってくれないのだ……。


 動かすCGIはフリーソフトとして配布されているので、家族にウケそうな可愛いやつを選ぶといいだろう。掲示板や予定表といった実用的なものから、おみくじや簡単なゲームなどあるが簡単なのから始めよう。

 設置のポイントは、ファイルのパス指定。プロバイダー用の設定はホームディレクトリーからのパスになっているが、IISの場合はドライブ名を含めた絶対パスで指定する。また、CGIプログラム冒頭の“Usr/local/bin/perl”という指定は、IISの場合はハンドラマッピング設定済みなので、変更しなくてかまわない。

 まずはヨメさんがターゲット。おもしろいと言わせることができれば、子供たちの尊敬の眼差しを自然に集めれるのだ! 万歳!

Windows Server 2008 R2 Foundation密着連載 第5回:藤山哲人プロフィール画像

筆者紹介 ── 萌えテクニカルライター 藤山哲人
 
Windows2000からの乗り換えでIISの設定にはかなり泣かされた父。やっぱり最新版を常に使ってないとダメだなぁ。

 

連載の続きはこちら↓から!

【第6回】オンデマンド配信サーバーに仕立てるぜ!

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

11,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp