bar
天下一カウボーイ大会実行委員会
開催日程
第参回天下一カウボーイ大会
point
point
point
point
point

協賛企業
協賛
天下一カウボーイ大会とは
bar

世界を舞台に活躍するコンピューター・カウボーイ(※1)たちが一堂に会し、それぞれのロデオ(※2)を披露することで、参加者全てが相互に刺激し合い、コンピューティングの新たな可能性を発見する、それが「天下一カウボーイ大会」です。

※1 カウボーイとは
ハッカー、ギーク、エンジニア…。プログラミングを愛する人々の呼び名はさまざまですが、その心の奥底は、技術を追求する熱い情熱でつながっています。我々は、コンピューティングの未来という原野を切り拓く人々を、ウィリアム・ギブスンの小説にちなんで「カウボーイ」と呼んでいます。
※2 ロデオとは
カウボーイたちの情熱が生み出す、凡人の眼 からは「曲芸」としか思えない創造物、それがロデオです。ロデオの目的はさまざまです。存在しないかもしれません。しかし、燃え滾る創造力が、あくなき探究心が、彼らをロデオに駆り立てるのです。

第弐回 天下一カウボーイ大会ダイジェスト 前編
 
第弐回 天下一カウボーイ大会ダイジェスト 後編
 
ページのトップへ
 
第参回天下一カウボーイ大会
bar
テーマ
CODE is LOVE
開催日時
2009年8月29日(土)・30日(日)
入場料金
12,000円(一般)/6,000円(学生)
※2日間通しての料金。ロデオ応募者には優待あり。
主催
天下一カウボーイ大会実行委員会
後援
株式会社ユビキタスエンターテインメント
株式会社アスキー・メディアワークス
特別協力
週刊アスキー
協賛
レッドブル・ジャパン株式会社
日本マクドナルド株式会社
会場
秋葉原コンベンションホール(約400名収容)
チケット
公式サイト
 
ページのトップへ
 
大会プログラム予定
bar
基調講演
古川 享(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授)
【略歴】
1954年東京都生まれ。1979年(株)アスキー入社。出版、ソフトウェアの開発事業に携わる。アスキー社を経て、86年同社退社、米マイクロソフトの日本法人マイクロソフト株式会社の初代社長を務めた。05年6月同社を退社。08年4月慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授に就任。新規技術、通信・放送についてのビジョンを展開し、後進の育成にあたっている。

ほか
180ロデオ
持ち時間3分のロデオ大会(一般部門/学生部門)
カウボーイ・ロデオ
持ち時間20分のロデオ発表
長尾 確(名古屋大学情報科学研究科 メディア科学専攻 教授)
増井俊之(POBox開発者、慶應義塾大学環境情報学部 教授)
ほか
審査発表/講評
古川享 ほか
懇親会
Final alty party
(alty氏による出演者・来場者懇親会)
 
ページのトップへ
 
ロデオ募集要項
bar
募集期間
2009年5月15日(金)~2009年6月30日(火)
募集内容
募集するロデオは以下の2とおりです。
 
■カウボーイ・ロデオ

 発表時間20分のプレゼンテーション枠
 
■180ロデオ
 発表時間180秒(3分)のプレゼンテーション枠

審査員、および来場者による審査を行ない、入賞者には盾と副賞が贈られます。
※学生の部/一般の部 の2部門での審査となります。
※ご応募を頂いた方には、入場料金をご優待(一般:8,000円、学生:3,000円)。ロデオに採用させていただいた方は入場無料となります。

募集資格

ロデオ/180ロデオ(一般の部)…カウボーイならどなたでも
180ロデオ(学生の部)…25歳以下の学生カウボーイ
応募方法
 
ページのトップへ
 
会場アクセス
bar
秋葉原コンベンションホール 最寄駅:JR秋葉原駅

第参回天下一カウボーイ大会会場 を大きな地図で見る
 
ページのトップへ
 
お問い合わせ
bar
お問い合わせはメールにて受け付けております。

cowboy@uei.co.jp
 
ページのトップへ
bar
Copyright (C) 2009 天下一カウボーイ大会実行委員会 All rights reserved.