アスキーカードって何?

アスキーカードはタブレット・パソコン保険つきのクレジットカードです。市販のパソコンはもちろん、自作パソコンやCPU・マザーボード、グラボなどのパーツ、プリンターなどの周辺機器、タブレットまで、広範囲にカバーします。カード会員の方には同保険が自動的に適用されます。

[主な特徴]
■月々約175円で『タブレット・パソコン保険』がついてくる!

年会費は1950円(税別)、月額に換算すると、月々約170円(税別)で、強力な保険がついてきます。
自作パソコンやパーツ、周辺機器、タブレットも補償!(A7サイズ以下の機器、スマホを除きます。入会1カ月後より補償開始。詳細はこちらをご覧ください)

■入会金は無料! 初年度年会費も無料!

入会金は不要です。また、初年度は1950円(税別)の年会費もかかりません。

アスキー タブレット・パソコン保険にパワーアップ!

アスキー パソコン保険がタブレット対応、タブレット・パソコン保険となりました。持ち歩くことの多いタブレットも、アスキーカードがあれば安心です! タブレットの保険対象基準は”標準で電話機能が搭載されていないもの”になります。3G回線の契約があっても割賦販売であっても、電話機能がなければOKです。

・対象になるおもなタブレット

  • iPad
  • iPad mini
  • Xperia Tablet Z SO-03E
  • Nexus7
  • dtab
  • Kindle Fire HD

・対象にならないおもなTablet

  • AQUOS PAD SH-08E
  • MEDIAS TAB UL N-08D
  • GALAXY Tab
これまで年間総額20万円までの補償となっていましたが、今回なんと、その制限がなくなりました! 何度でも支払いを受けることができます。
※1事故への保険金支払いは、従来どおり10万円が上限となっております。
従来は2万円だった免責金額が1万円に引き下げられ、適用範囲が広がりました。
支払金算出の基になる商品の残存価値は年々下がりますが、その残存率が大幅にアップしました。購入後2年目の商品が70%から90%に、3年目で50%から80%になど、一律引き上げました。5年を超えた商品は10%になっていたのが、永久に50%となります!
アスキーカード以外で購入した場合、補償金が30%に減額されていたのを70%にアップしました。

【例1:購入価格20万円のパソコン(購入後1年未満)一式を盗まれてしまった場合】

[アスキーカード以外で購入の場合]
(20万円 × 残存価値100% - 免責2万円) × 補てん率30% = 5万4000円
→支払額 5万4000円

パワーアップ!

(20万円 × 残存価値100% - 免責1万円) × 補てん率70% = 13万3000円
→支払額 10万円(保険支払い額上限)


[アスキーカードで購入の場合]
(20万円 × 残存価値100% - 免責2万円) × 補てん率100% = 18万円
→支払額 10万円(保険支払い額上限)

従来どおり

(20万円 × 残存価値100% - 免責1万円) × 補てん率100% = 19万円
→支払額 10万円(保険支払い額上限)


【例2:購入価格10万円(購入後2年経過)のiPadを落として、修理金額が3万円の場合】
※修理金額が時価(10万円 × 90%)より安いので、いずれも修理金額である3万円が基準額となります。

[アスキーカード以外で購入の場合]
(3万円 - 免責2万円) × 補てん率30% = 3000円
→支払額 3000円

パワーアップ!

(3万円 - 免責1万円) × 補てん率70% = 1万4000円
→支払額 1万4000円


[アスキーカードで購入の場合]
(3万円 - 免責2万円) × 補てん率100% = 1万円
→支払額 1万円

パワーアップ!

(3万円 - 免責1万円) × 補てん率100% = 2万円
→支払額 2万円